スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙刑事ギャバン 第22話 黄金仮面と妹 太陽に向って走るヨット 感想


監督 小林義明
脚本 上原正三



世界中の宝石が強奪される事件が起こった。烈はマクーの陰謀を確信し、調査に乗り出す。そして日本では、怪盗Xという怪盗も出現している?!



前回 宇宙刑事ギャバン 第21話
次回 宇宙刑事ギャバン 第23話



+10点 怪盗X凄い
壁をロープで降りる烈っちゃんに対し、配管を器用に登って侵入する怪盗X凄い しかし、あっけなくマクーに捕まってしまいます。窮地を烈っちゃんに救ってもいますが、やっぱり怪盗は腕っぷしも強くないとね
見たことなかったで知らなかったんですが、役を演じられたのがバトルフランスの倉知 成満さんだったんですね
バトルケニアとバトルフランスの再会!



+5点 潜入潜入潜入
石黒邸に一回。石黒の宝石受け渡し現場に一回。アフリカの星を盗みに一回とAパート内で三回も潜入するとか濃ゆすぎです。
いかにも怪しい魔女みたいなのが潜入してた烈っちゃんとかも面白かったです。


+10点 七変化回
魔女、女ダンサー、剣闘士?ガンマンと烈っちゃんの七変化とか可愛すぎます。 「ウフッ」じゃねぇよ!!


+10点 罠
オークション会場で石黒の正体を白日の下にさらす烈っちゃんだったが、会場の客全員が、マクーの戦闘員の変装だった!集めた宝石を売りさばくためと思われたオークション自体がマクーの罠だったのだ!


+10点 クラゲダブラー
魔空空間を出しもらうまで、頭から落ちてはまったり、ちょいいちょいコミカルなクラゲダブラー。
魔空空間では、3倍パワーで優勢に戦いますが隕石に邪魔されて危なかったりなんか憎めないですね。あとレーザーZビームで撃ち落とされてマクーの戦闘機に降り立ちそのままドル戦に持ち込むのは面白いと思いました。
人工衛星やマクー戦闘機が絵でその上に立って戦闘するのがTHE特撮って感じでいいですよね


×5点 レーザーブレードが蛍光灯だ!
今回クラゲダブラーとの戦いで一部オプチカル合成ではなく、蛍光灯のレーザーブレードだったぞ!
当たったら割れるから、できるだけレーザーブレードがぶつからないように殺陣をしたり特撮マジックでしのいでましたね



総評 225点 9.38点/分

石黒に父を殺され奪われた「アフリカの星」を取り返しギャバンが敵討ちした速水兄妹はアメリカに旅立った… 潜入ばっかりで、速水兄妹と交流とかもほとんどなかった根っからのアクション回でしたね。
ギャバンらしいといえばギャバンらしいですね。


「ウフッ」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/529-0ad31546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。