スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想 劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン


監督 田口清隆
脚本 中野貴雄 小林雄次 小林弘利


謎の超古代遺跡、芭羅慈遺跡の異常を感知したXioの大空大地は遺跡に急行し、そこで遺跡を調べる考古学者・玉城ツカサと、その息子ユウトと出会った。大地はツカサから遺跡には地獄が封印されていることを聞くが、その時、インターネットテレビのオーナーで、古代の秘密を探るカルロス黒崎が、無謀にも芭羅慈遺跡に突入してしまう。黒崎を追って遺跡に入った大地は、そこでウルトラマンティガの石像と、封印の要となる青い石と遭遇。だが、青い石は黒崎によって奪われ、遺跡の封印が解かれてしまう。
 封印が解かれて蘇ったのは、この世を地獄に変える閻魔獣ザイゴーグ。大地はウルトラマンエックスに変身しザイゴーグに挑むが、その邪悪なパワーの前に敗れ去ってしまう。
 やがて、ザイゴーグは青い石を狙って、黒崎がいる東京に接近。変身できない大地はピンチに陥るが、その時、青い石と、ユウトが持っていた化石、そしてエックスが共鳴し、奇跡が起こった。(パンフレットより抜粋)


前回 ウルトラマンX 第22話

ウルトラマンX総括感想

5e07dee434e05d200e4eefa86b0c0af6 Mosaic02_R

+5点 TVシリーズおさらい
10分ぐらいですかね?テレビシリーズのストーリーをおさらいするアバンでした。

TVシリーズもOP前も関連する事柄のおさらいをやってましたし、今回はテレビシリーズを見てない人でもなんとなくは話がわかるようになってて親切設計だったと思います。


+5点 始まりの巨人
始まりの巨人初代ウルトラマンに憧れを持ち、再現しようとベーターカプセルを作ったグルマン博士。いざ変身するも、ベーターカプセルは大爆発ww

ギャグを最初っからかましてきたので、今回の映画がシリアスよりはコミカルのほうの空気感っていうのは伝わった気がします

久々に登場したバルタン星人はイメージ映像のようなものでした。ウルトラマンと格闘しては、分身体が画面隅では、分身を繰り返し、徐々に増えていく。それに対して、スペシウム光線で大量に薙ぎ払う。

制限時間のあるウルトラマンに対し、物量で疲弊を狙うバルタン星人の戦略に効果抜群のスペシウム光線で挑むウルトラマンという激しいせめぎ合いだったと思います。


+5点 わきあいあいXio
エックスがXioに正体を明かしてから、デバイザーのエックスも楽しそうにXioのメンバーと談笑しています。
もともと、ノリが良くちょっとデリカシーに欠けるキャラでしたので、こういうコミカルなシーンもこなせるウルトラマンって貴重ですよね。

エックス!女の子にカロリーがとか体重がとかの話はしたら駄目だよ… 3話では大地とこそこそと話していましたが、今回アスナに面と向かって言うあたりさすがのエックスのポンコツっぷり。お仕置きはやっぱり裏返しですね

橘副隊長が、「デスクでお菓子を食べない!!」と怒るのも、尺に余裕が少しはある劇場版らしくXioの日常が描かれていてよかったです。


+10点 吉本さんキタァァァァァ
芭羅慈遺跡を調査中の玉城ツカサから通報を受けたXioが出動!この玉城ツカサこそウルトラマンティガのヒロインを演じた吉本多香美さんでした!

吉本さんは、ティガでヒロインのレナを演じたことのほかに初代ウルトラマンのハヤタ隊員を演じた黒部進さんの娘なのです!
超8兄弟など度々レナ役で帰ってきてくれてましたが、今回は別人役。ユウトの母親として優しい眼差しをもって演じていただいてました。

よき母親でありながら、く転んだりするドジっ子みたいな描かれ方でしたね


+5点 カルロス黒崎
まぁ~ギャグ色の強い破天荒なキャラだこと。最初はテレビ受けを考えてる考古学者かと思いましたが、いきなり芭羅慈遺跡を発破し中に突入!!

閉じられてた遺跡に入るんだから酸素検知とかさ!いろいろあるだろ!危ねぇよ
そして、碑文を解読し芭羅慈遺跡が危険であることを訴えますが、「芭羅慈遺跡を買い取ったのは私だ~ その青い石も私の物だ~」とか要石である「青い石」を持ち去ってしいザイゴーグが復活を果たしてしまいます…


×5点 閻魔獣ザイゴーグ復活
血の池を思わせる光線を吐き、地面をドロッドロに溶かし暴れ回るザイゴーグ!
ザイゴーグから逃げる最中に転んでしまうツカサを助けようとするが、動けなくなってしまうユウト。やっぱり子供ですね~ っていうかザイゴーグ怖すぎです。

エックスに変身し応戦する大地でしたが、全く歯が立たず返り討ちに!エクシードエックスになってもエクシードエクスラッシュも効かず全くのお手上げでした。こん棒の状右手が強かったですね。

あと、偶に笑っているかのような鳴き声が出るのも怖くていいです


+10点 カルロスパーティ
青い石を手に入れた黒崎は、自身のビルでネット中継番組を始めてしまいます。案の定考古学者じゃなかったwww カッコよく言うとボウケンジャー、カッコ悪く言うと金持ちの道楽でしたか。

美女をたくさん侍らせ、パーティを楽しむ黒崎。っていうか美女群の中に、ウルトラマンのバラージ遺跡にいたチャータムの恰好した人いるじゃん!

ツカサやXioが何を言っても、青い石を返そうとしない黒崎。確かに、Xioが倒してくれれば、返さなくていいでしょ~とは思いますが、ちょっとは協力しましょうよ 徹底的に黒崎を嫌な奴に描いてましたね


×10点 Xio総力戦
変身できないエックス達をあてにできないXioは総力を持ってザイゴーグにぶつかります。エレキングのサイバーカードを用いて強化したエナジーシールドとかよかったですね~

地味に量産されて、3形態全部出てくるXioマスケッティにも吃驚しましたね


+10点 閻魔獣
エレキングエナジーシールドを破るために、太い2本の棘を発射したザイゴーグ。その2本から誕生したゴーグアントラーとゴーグファイヤーゴルザ!身体の棘から怪獣をよみがえらす(閻魔獣を謳ってるから、地獄から蘇ったと解釈してます)ことができるのは、ウルトラマンに登場した怪獣酋長ジェロニモンを彷彿とさせる特徴で嬉しかったですね


×10点 スパークレンス
ザイゴーグを必死で食い止めるXio。そして、ラボでは大地のデバイザーの修理と、碑文の解析を進めていた。

ザイゴーグにより危機に陥る母ツカサの状況を目の当たりにした、ユウトは現場に駆け付け母を助けたい!と願います。その心に、ガラクタの中に紛れていた「スパークレンス」が反応し光を放ちます。そのころ、カルロスの持つ青い石も呼応するように光を放っていました。

石に包まれたスパークレンスをは懐かし過ぎましたわ

現場に駆け付け、やっとの思いで辿り着いたツカサは瓦礫に埋もれて絶体絶命!その時、火事場の馬鹿力(スパークレンスのおかげ?)でユウトは瓦礫を投げ飛ばし、ツカサを助け出すのです。

勇気を振り絞り、母を助けたいと願ったユウトはスパークレンスとともに光になったのです!

子どもがティガになるってのは、最終回のグリッターティガの子どもたちや、外伝のアムイを彷彿とさせ嬉しかったですね~

ドジっ子な母を助けなければという子供の純粋な願いがティガになったというのは感動ものでした。
もっと時間があれば、丁寧にユウトが母子家庭だから助けたいだとか、亡き父の代わりにとかもっと深く理由付けをして描くこともできたと思います。

しかし、よく転んだりそそっかしいところは何度も描写しましたし、ザイゴーグと最初に対峙した時は動けなかったユウトが、恐怖に動けなくなったりもしましたが、大地の助けもありしっかり駆け付けたとユウトの成長も描いてましたから、十分だったと思います。


×15点 始まりの巨人
碑文の「地の光」ティガは蘇り、ティガの奇跡により、「結びの光」エックスも蘇った。そして青い石より「天の光」ウルトラマンが現れたのです!

青い石そのものからウルトラマンが出てきたように見えましたが、人々の思いの力がウルトラマンを呼び出したようです。
そして、グルマン博士の「きたぞ!我らの…ウルトラマン!」で並び立つ3人!!
言葉はいらない…涙が頬を伝ってました

CMで何度も聞いていましたが、実際に聞けたときの感動とか鳥肌が凄まじかったです。


×15点 Xio&ウルトラマンVSザイゴーグ軍団
長回しで奥にウルトラマンVSゴーグファイヤーゴルザ、中央でエックスVSザイゴーグ、手前でティガVSゴーグアントラーが同じ画面でそれぞれ戦うアクションは最高でした。

入れ替わり立ち替わり、メインで戦ってるキャラが代わりその度に違うXioの面々がサポートし戦う様は迫力満点でした。


+20点 ティガVSゴーグアントラー
空を飛ぶアントラー!?!!?!? アリジゴクの怪獣ですから、成長すればウスバカゲロウになれば飛べますけど…飛んだ!!

名前がアントライオンからのアントラーだからアリジゴクですけど、普通にデザインを見ればクワガタムシですよね~だから飛んでも不思議ではない…というより怪しい獣と書いて「怪獣」ですから、人の常識が通じないのは当たり前ですよね。
あんまりにも慣れ親しんでいるものですから、意外過ぎる新たな一面にかなり驚きましたわ

その空飛ぶゴーグアントラーと戦うのは、ティガスカイタイプ&ハヤトのスカイマスケッティ!CGでビュンビュン颯爽と飛びまわり空中戦を決めるのはいいですね~ でもちょっとスピーディ過ぎて目が追いつかない気もしましたが

ハヤトのバードンのサイバーカードをリミッタ―解除した決死のバードン・フェニックス・アタックでゴーグアントラーを撃墜!あぁXioマスケッティが大破した…

落としてからは、パワータイプに変身し顎を折り、止めはマルチタイプのゼぺリオン光線!BGMもオリジナルっぽいのが流れて、ティガがそこに帰ってきた感がありましたわ 前年の10勇士ではダイナ、ガイアとひとくくりにされてましたからね~存分に見れて感激です


+15点 ウルトラマンVSゴーグファイヤーゴルザ
まさしく怪獣退治の専門家!なんか他ウルトラマンと技の系統が違うんですよね~ 地味に痛そうな技ばっかり使うみたいな
投げ技とか特徴的ですよね~ 

また八つ裂き光輪を盾の様にしてからまた飛ばすとか、新たな技も見せてくれて嬉しかったですね

ゴーグファイヤーゴルザの方は、アン○ラスのように球状になり体当たりを仕掛ける技を会得していましたね~吹っ飛ばされてビルに激突し瓦礫まみれになるウルトラマンはカッコよかったです~ 監督こだわりの紙切れが舞う演出がいいです

今回のマスクは、Cタイプのようだけど、より精悍な顔つきな気がしますね


+10点 ザイゴーグを追い詰めるが…
2体の僕を失い3人のウルトラマンに追い詰められるザイゴーグですが、突然触手を伸ばしウルトラマンとティガを捕縛、エネルギーを奪い始めました!この触手がスフランの葉っぱにようなデザインで唸りましたね~ 

二人のウルトラマンから得たエネルギーで棘を全世界にばらまくザイゴーグ!憎たらしい奴ですね~ ザイゴーグを倒しても、すんなり解決しない物を残すとか!


+20点 ベータスパークアーマー
絶対絶命のピンチに華麗なる手のひら返しで応援を始める黒崎や、戦う力をほぼ失ったXioの面々の祈りから、さらなる奇跡が起こり、グルマン博士が作っていたウルトラマンとティガのサイバーカードに力が宿り、大地とエックスの元へ!!

そして誕生するベータスパークアーマー!ティガとウルトラマンがクロスして誕生するシーンは帰ってきたウルトラマンをウルトラマンとセブンが救ったウルトラの星作戦を彷彿させ、田口監督のウルトラ愛にニヤニヤがとまらなかったです~

両肩のデザインがそれぞれウルトラマンとティガの胸回りになってるのが好きですね


+10点 駆け付ける5人のウルトラマン
ベータスパークアーマーの奇跡に続き、かつて共に戦ったウルトラマン達のサイバーカードを媒介に召喚される5人のウルトラマン!世界中に散り戦ってくれました~ゼロとギンガは本人ボイスで喋ってくれましたからね~

特に、「ウルトラゼロキック!!」でさっそうと登場したゼロは、「もう~コイツ~最高だわ~」って感じでしたわ


+10点 強いぞベータスパークアーマー!
3人のウルトラマンでも歯が立たなかった、ザイゴーグを追い詰めるベータスパークアーマー!あんなに苦戦した右手のこん棒をスパッと切り裂くのには驚きましたね

最後に背中にサイバーウィングを展開し飛翔し世界各地のウルトラマンに力を与え、ベータスパークアローでエネルギーをチャージ!寸前のところで、先にザイゴーグからの一撃を浴びてしまいますが、物ともせずアローを構えていたエックスには鳥肌ものでしたね!ベリアルギンガ帝国の時に、ミラーナイトのナイスアシストで虚を突くのもいいですが、へっちゃらなのも燃えましたね~

大地がソードモードからアローモードに組み替えるのも手際が良過ぎてカッコよかったですね~
28 エクシードX ベータスパークアーマー サイバーウィング Mosaic02_R


×15点 闇夜に立つウルトラマン
ザイゴーグの股下からこちら側に向かってくるようにくる光線!最近のお決まりのシーンに燃え、CGエフェクトも加えた大爆発!
そして、爆炎の残り火の中にたたずむウルトラマンの美しさ…
あまりの美しさにハッと涙がこぼれていました


×5点 戦い終わって…
度重なる奇跡により、肉体を取り戻したエックス。大地と別れ、宇宙に帰ると言う…最後の別れを果たせとでもいうかのように、肩を叩き去っていくウルトラマンがカッコよかったです。

地球の危機にはまた必ず帰ってくる、離れても大地とはユナイトし続けていると言葉を残し宇宙に帰ってしまったエックス…

みんな思い思いの言葉を口にしエックスにお別れをします。大地は結構言葉少なく、お別れをするのが二人が心の底からユナイトしていて言葉なんていらないって感じがしてよかったです


+10点 帰ってきたウルトラマン
エックスがいなくなった日常に戻るXioの面々。デスクでお菓子を食べて、橘副隊長に怒られかけても何か物足りない…

そこにアラームが鳴り響く!宇宙からの来訪者!!そこに一つの通信が!
「そいつはケンタウルス星付近でワームホールに入ったデザストロです!地球の危機です!」と懐かしい声が
エックス!!!!もう帰ってきた!!!!地球の危機って意外とすぐ来るのね~というオチでした


+10点 カルロス黒崎という男
ザイゴーグを復活させ、青い石を渡すのを拒み、非協力的だった嫌な奴カルロス黒崎。しかし、がれきに埋もれたしまったツカサを救おうと多少は頑張ってみたり(速攻でぎっくり腰になったのは笑いました)、多分助かりたいの一心でしたでしょうけど、ウルトラマン達に率先して声援を送り奇跡の一端をになったり、最後も明るく前向きに秘宝探しの旅に出ようと言ったり、最終的には憎めない奴になっていきました。

このカルロス黒崎のキャラの存在そのものが、この作品のカラーを印象付けるものだったのではないでしょか?TV最終回のような絶望的な状況で、Xioも変わらず必死に対決でしたが随所に挟まれる黒崎たちの動きによって必要以上に空気が重くならず、最終回とはまた違ったものになったエンターテイメント作品になったと思います。

また頻繁にこけるツカサ、ユウトの馬鹿力、ルイルイの綿がし攻撃や、エックスのカーナビ等、コミカルなシーンを挟んでも、カルロス黒崎が作り出している空気感によって上手にこの作品の調子やリアリティラインに乗っかているように感じられました。


+10点 ED
EDは、Project DMMも加わった「Unite ~君とつながるために~」でした~ ひっさしぶりのProject DMMの歌声はやっぱり爽やかでいいですね~

そして、TVシリーズの名シーンをバックにしていましたね~ 私としましては、16話「「激撮!Xio密着24時」のシーンが1カットで恐ろしく短かったのが残念でしたが…


総評 29,155点 399.4点/分
田口監督が発表当初からおっしゃっていた通り、THE[怪獣映画」でした!

舞い散る瓦礫、崩れるミニチュアセット、煽りで撮る怪獣達、地響き、爆炎。予算が多い劇場版であらゆる面がTVシリーズより増し増し!迫力満点でした!ザイゴーグ初登場で赤い光線を吐くシーンや、真っ赤な夕焼けに勢ぞろいするザイゴーグ等、怪獣を絶望感たっぷりに描いたシーンも凄かったですけど、逆にヒーローが頼もしくて頼もしくて堪らないシーンも数多くありました。

その両者に割って入り随所で活躍するXioの面々もよかったです。この三者が全部入った、神木隊長の「3体のウルトラマン達と連携し怪獣達を激滅せよ!」からの長回しのアクションが最高に燃えましたね~

先にも書いたように、カルロス黒崎によりシリアスな最終回とは違ってエンターテイメントに纏められており、子供も大人も楽しめる映画だったと思います。
 

「きたぞ!我らの…ウルトラマン!」


ほかの方の感想もどうぞ
神聖ネクストねばあ帝国 劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン 感想だッ!(ネタバレ注意)

ニチアサ報告書 劇場版ウルトラマンX感想「Xが主役と思ったらティガが主役だった!これは何度も見に行きたい内容だあああ!」


| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/516-2ab3b05f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。