スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア DINO-TANK hunting


監督      神谷純
シリーズ構成  赤星政尚





+10点 砂漠を爆走する恐竜戦車!
戦車の圧倒的な機動力を持ち距離を詰め接近すれば尻尾や爪の一撃。戦車砲による遠距離攻撃もできる攻撃性能の高さ!
原典のウルトラセブンとの戦いでは、同一スケールなので機動性や攻撃力は感じなかったが、巨大怪獣対星人のスケールならこれほどのスペックになるとは驚きでした。私は恐竜戦車の現実感のないまさしく「怪獣」という雰囲気が大好きでしたね。ウルトラマンXでもサイバーカードで早々に商品化され心をつかまれました。
このスケール感だったら「700キロ」を突っ走りそうですよね


+10点 様々なハンターチーム
最初に尻尾の一撃でやられたのは、ババルウ星人・メトロン星人・ザラブ星人のチーム。遠距離からビーム攻撃をしていた、テンペラー星人・ヒッポリト星人・キリエロイドのチーム。テンペラー星人が出していたのは「ウルトラ兄弟必殺光線」だったのでしょうか?


+10点 カネゴンさん特製のショックバレット!
ゲームのプロモーションを兼ねているので、ゲームで用いられる「属性」概念を説明。メタル属性の恐竜戦車には雷属性の武器が効果抜群です!
ガルムさんが即金で払うからと安く買いたたくのがベテラン感出てて最高です~


×5点 車輪を避けるバレル
ショックバレットにより、車輪が三つも吹き飛ぶ恐竜戦車。飛んでくる車輪を必要最低限の動きで避けるバレルが超クール!
真横に落下する車輪など眼中にないガルムさんもいいですね~


+10点「えっ…」「ヒヨっこ…」
効果抜群のショックバレットを喰らって車輪が三つも吹き飛んだが、健在の恐竜戦車。マグナの攻撃を口からの砲撃で迎え撃ちました!モロに直撃でしたが、なんとかマグナは生還。殻のような物に包まれていましたが、何だったんでしょうか?マグナの頑丈さは異常ですからね。なんとかなったんでしょう。
結局機動性は落ちなかった恐竜戦車にどうするのでしょう。「足さえ止めれば!」


+10点 分身
バレルが作りだした分身の壁により恐竜戦車の足をとめた!
そこをマグナとガルムがシュート!!突入する際に、分身の壁に穴をあけるのもいいコンビネーションです!


×15点 白色破壊斬!!
三か所のプラズマソウルを砕きあと一つとなったところで、体力を消耗したバレルの分身の壁が解ける!。しかも恐竜戦車の顔の前で、実体を表してしまい大ピンチ!!
あわやと思われたが、これもバレルの作戦のうち!!寸前の高速移動からの白色破壊斬で最後のプラズマソウルをクラッシュ!!!命知らずなこの攻撃には本当にヒヤヒヤしましたよ~
スーツも作られたぐらいですから当初からラッシュハンターズの中でも主人公のような扱いだったバレルを劇場公開用だったこの作品の最後の見せ場にするとか最高にカッコよかったです!
恐竜戦車 白色破壊斬 Mosaic_R



総評 450点 64.3点/分
劇場版ウルトラマンギンガと同時上映だった作品でした。レッドキング、ネロンガの時よりも属性の概念や他チームも一緒に戦うというゲームのシステムにより近い感じがするプロモーション的な作品になっていたと思います。
ショックバレットのガルム、画面狭しと走り回りアクションを披露するマグナ、分身で足止めからの白色破壊斬のバレルと三人の見せ場がしっかり用意してある短いながらもよく練り込まれた構成でした。
何より恐竜戦車がこれほど強力で魅力的に描かれているのが最高です!


「カネゴンさん特製の職場レットをお見舞いだ!!」


ソフビのレビューをされている方がいましたので、一緒に紹介いたします
神聖ネクストねばあ帝国

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/502-6e7b5630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。