仮面ライダーキバ 第21話 ラプソディー・指輪の行方 感想


監督 長石多可男
脚本 井上敏樹

2008年―戦の活躍を目の当たりにし、キバよりイクサにジンジンきた健吾。イクサ=名護に弟子入りしようとするが、月謝を要求されて大困り。代案として合コンをセッティングする。当然、渡も参加することになり…
1986年―音也とゆりが親密になったことで、焦り始める次狼は、なんとゆりにプロポーズ!突然のことに驚くゆりは友人のあゆみに相談する。しかし、あゆみは「幸せを分けて」と合コンをセッティングを頼む始末で…(東映公式サイトより抜粋)



前回 仮面ライダーキバ第20話
次回 仮面ライダーキバ第22話


+5点 音也と良い雰囲気のゆり
ルーク戦のことで世話になったからと、ラーメンを音也におごるゆり。微笑ましい光景ですが、それを見つめる次狼。
子孫繁栄を願う文字通り「狼」がゆりを狙う…


+5点 753は最高です
レディバグファンガイアに助けてもらった時の姿を見て、名護さんに弟子入りを願う健吾。ロックの魂を教えてくれ!ってちょっと違いますよね。
月謝を要求しようとする名護さんはちょっとせこい。
肩揉みでご機嫌を取ろうとする健吾でしたが、名護さんは「凝らない肩」だそうです。名護さんは最高です。


+5点 もしNOなら指輪は外してくれ
音也とこれ以上いい関係にならないように、ゆりに結婚指輪を渡す次狼。「もしNOなら指輪は外してくれ」という自信たっぷりの言葉が渋くてかっこいいです。


+5点 合コン
過去と現在で同時展開される合コン。
現在…名護さん・健吾・渡・恵と女の子二人で焼き肉合コン。ここでの出会いがこの物語を大きく進ませるとか誰が予想できただろうか?
過去…幼馴染を思い出し「チュー」をねだる音也。幼稚園の時からのスケコマシとか音也終わってるな


+20点 音也&次狼漫才
「外せゆりそんなもの 指毛がボーボーになるぞ!」は超嫌だ
ゆりをめぐって繰り広げられる漫才。力が人を食ったと告白する場面の奥で、繰り広げられる腕相撲からの互いを嘘でも褒めるのは気分悪いと相撲を取り始めるとかモリモリの漫才です~


+10点 ドッガ強いけど…
カメレオンファンガイアを圧倒的な強さで追い払うドッガ。硬くてパワーあるって分かりやすく強くていいですよね~ ぶつかる拳から砂煙が漂うとかもいいですね
でも、「いただきモス」で人間を襲うのはコイツヤバい感です。オツム足りない感ですよ。


×5点 マシンガンパンチ!
イクサが簡単にカメレオンファンガイアを取り逃したと思ったら、逆さで現れマシンガンパンチを叩きこむキバ!短いアクションシーンでこれぞキバっていうアクションを盛り込んでくれました


総評 250点 10.4点/分
アクションは短いでしたが、力のキャラ紹介を兼ねてゆりに急接近しようとする次狼の過去、たわいもない合コンからまさかの渡にフラグが?!の現代と中盤に入ってきて予想外の動きも見せ始めた今回の話。
名護さんコントに音也&次狼コントも最高に面白かったですね~

「…激辛キムチ サンチュでサンキューや!!」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/494-a5be189d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ