スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特捜ロボジャンパーソン 第50話 JPよ永遠に


監督 三ツ村鐵治
脚本 宮下隼一


ハイパーサブリミナルによる集団決起作戦を阻止するために、バイオボーグ工場に突入したジャンパーソンだったが、ビルゴルディに捕らえられてしまった。カオルの解除プログラムは間に合うのか!?
魔王ビルゴルディとのファイナルバトルに遂に決着!


前回 特捜ロボジャンパーソン 第49話


ジャンパーソン 感想まとめ



+5点 作戦決行時刻
順子の裏切りの兆候を見つけた時から、作戦の決行時刻を、あと1分後にしていたのだった!カオルの解除プログラムは間に合わなかったか…


+20点 ジャンパーソンの理想
様々な人間がいるのは確かだが、ビルゴルディのように虐げるロボットと人間の共存ではない、互いを認め合い尊重した世界を理想のために命をかけると宣言するジャンパーソン!
しかし、ビルゴルディの猛攻に機能停止してしまいます…


+10点 カオルの口づけ
機能停止したジャンパーソンに語りかけ、涙し、口づけを交わします。
ジャンパーソンと供に戦い死ぬことを選び、ジャンデジックを胸に突き立て引き金を引こうとします…
カオルそこまでの覚悟があったのなら あの作戦は…


+20点 MX-A1
奇跡が起こり復活するジャンパーソンだったが、ビルゴルディを倒すために、MX-A1に戻ろうとするジャンパーソン。
善悪の判断を捨て、無慈悲なマシンに戻らなければビルゴルディには勝てないという決意です
まさかここでこの話が出てくるとは!
カオルは泣く泣く、ジャンパーソンの回路をきることになります…
口調も変化し、相手が人間だろうとお構いなく攻撃し、ビルゴルディに躊躇いなく発砲します


+15点 生きてたガンギブソン!
ボロボロだけど、生きてたガンギブソン!!
マヤとシンディと最期の戦いへ!
腕を斬り落とされながらも、マヤの首をかっ斬り、自爆覚悟のシンディの攻撃も耐え抜きました。


×10点 雷雨の中の決闘
マヤとシンディはガンギブソンと壮絶な戦いの中死亡し、ジャンパーソンはビルゴルディをジャンブレードで突き刺しますが、雷をうけてしまいます。
「I'll be back」と宣言し爆散するビルゴルディ。その爆発からカオルを救いだしたジャンパーソンには、回路をきる前の優しい人格のジャンパーソンが!
回路とかそういうものではなく、ジャンパーソン自身が本当に優しい人格を手に入れたのだった!
多分雷の影響とかなんでしょうけど、ロボットが本当の人格を手に入れたという最高の成長でしたね


+15点 I'll be back
思いっきりターミネーター2のシュワちゃんからでしょうが、この言葉が、まさか重甲ビーファイターの最終回で拾われるとは!ですよね~
当時、ジャンパーソンは見てた記憶がなく、ビーファイターの最終回にブルースワットやジャンパーソンが登場した時に、敵側も復活したんですが、ビルゴルディのところでこの「I'll be back」のシーンが使われていたのを覚えています。


+10点 面割れ
ビルゴルディとマヤにマスクの目元が割られて、目元が顕わになるのがカッコいいです~ 役者の顔が見える面割れに近いですよね


×5点 エピローグ
戦闘用のマスクを外して子どもたちとバーベキューをしたり遊園地で遊ぶジャンパーソン。エプロンまでしてほっこりです。
あの世界は、帯刀やSS-N、ネオギルドを倒したからといって完全に平和になるとは思えませんが、ジャンパーソンは人間とロボットの理想の共存を目指して戦い続けてくれるんでしょう。


+10点 エンドナレーション
「さらば戦士たち さらば僕らのヒーロー」で締めるのは、第1話の「謎の新英雄」から来てるのか、まさしくヒーロー番組らしい締め方でした。


総評 835点 34.8点/分
魔王ビルゴルディをようやく倒して平和が戻りました!MX-A1に戻ってまでビルゴルディを倒そうとするジャンパーソンの決意や覚悟は涙なしでは語れませんよ~
そこからの人格獲得という最高のジャンパーソンにとっての結末とかもいいですね~ 
VSビルゴルディ Mosaic02_R


「危ない!カオル!!」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/478-91803d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。