スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特捜ロボジャンパーソン 第42話 殴り込み大脱獄


監督 三ツ村鐵治
脚本 扇澤延男


ジャンパーソン基地で一緒に暮さないかと頼まれるガンギブソンだったが、素直になれず一人基地を出ていってしまう。町をうろつくガンギブソンだったが関わる人が皆ネオギルドの暗殺ロボット「マチェック」にけがを負わされてしまいます。
このことから、ガンギブソンは「死神」のレッテルを張られ一般市民に迫害されてしまいます。ガンギブソンの濡れ衣はどうやったらはれる?


前回 特捜ロボジャンパーソン 第41話
次回 特捜ロボジャンパーソン 第43話


ジャンパーソン 感想まとめ



+10点 えっ一緒に住むだって!?
と驚くガンギブソン。こっちも驚きだよ!ガンギブソンはジャンパーソンに基地に出入りはしてたけど住んではいなかったのかよ((゜Д゜)))
しかし、ガンギブソンは力は貸すが、一緒には住むことは拒んでしまいます。素直じゃないな~


+5点 ハイオク満タン~
GGスレイヤーをガソリンスタンドで給油するガンギブソン。ハイオク満タン~じゃねぇよ((゜Д゜))) ガンギブソンの日常って困難なんですね


×20点 ガンギブソンネガティブキャンペーン
マチェックによりガンギブソンと関わった人にけがを負わせ、「死神」のレッテルをはりガンギブソンに対する印象を下げるキャンペーンを行うネオギルド。
先導しているのはネオギルド製ロボットだったが、周平の友達春子ちゃんをはじめとする一般市民は確実にガンギブソンを悪だと思いこんでしまいます。
気が短いガンギブソンは隠れていられず、更に状況は悪化。かおる達まで、悪者呼ばわりされ石を投げられてします。
正義のヒーロー側が、ネガティブキャンペーンで、貶められて一般市民に拒否される王道展開!!手を出せないけど、怒りと困惑と悲しみの入り混じった表情で市民を睨めつけるカオルがいい表情です。


+10点 ロボット刑務所は…
やっぱりロボット刑務所はネオギルドの息がかかっていた。捕えられたガンギブソンは、ロボット刑務所内でネオギルドロボットにリンチにあいます…


×20点 待ってろガンギブソン
ロボット刑務所は、一応日本の政府の物だから、強行突入はネオギルドへの攻撃ではなく、日本政府、「法律」に対する攻撃として世間には取られてしまう。
それでも、ジャンパーソンは友の「命と愛」のために決意します。
「正義のために」をバックにガンギブソンとともに戦った思い出を振り返るジャンパーソンがアツい!


+10点 国家権力を敵に回すとは!
OPをバックに、ロボット刑務所内で大暴れするジャンパーソン&ガンギブソン。
しかし、ネオギルドがロボット刑務所を乗っ取っていた事実を公表し、ガンギブソンの事件も濡れ衣だったことを公表され罪には問われないのだった。


+20点 同士
「俺たちの戦いは孤独だ。誰からの励ましも労い祝福もない。多くの誤解もうける。
しかし、たった一人でも花を差し出してくれる人がいる限り、これからもどんなに辛く苦しくても俺たちは戦いぬける!俺は今そう信じる。」
最後のジャンパーソンのセリフに最終決戦に向けての意気込みが込められていますね。


総評 530点 22.1点/分
結局、基地にガンギブソンを住まわせるためのお話をドラマティックに描いた感じのお話でした。
国家権力にだって仲間のためなら敵に回す覚悟のジャンパーソンは最高にカッコよかったですし、先導されて一般人に誤解される展開もベタながら大好きな展開なので、密度もよくてかなりお気に入りの回になりました!


「構わない!ジャンスティック!!」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/463-19d0dd9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。