スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特捜ロボジャンパーソン 第40話 基地爆破5秒前


監督 蓑輪雅夫
脚本 小林靖子


ボディーガードとして、ガンギブソンをスカウトしようとする田崎。しかし、ガンギブソンはこの田崎を攻撃しようとする。その理由は田崎の顔はネオギルド首領ジョージ真壁そっくりだったのだ!


前回 特捜ロボジャンパーソン 第39話 
次回 特捜ロボジャンパーソン 第41話 


ジャンパーソン 感想まとめ



+5点 JP秘密基地
ネオギルドは、ジャンパーソンの秘密基地を探り破壊しようとたくらむが、なかなかうまくいかずジョージ真壁はご立腹。


+5点 ガンギブソンをヘッドハンティング!?
ボディーガードとして、一般企業に就職させるためにスカウトしにいく、ジョージ真壁にそっくりな田崎。
ガンギブソンって人間かロボットかのサーチってできないんですね~ それができてしまったら、このお話の半分は済んじゃいますね


+10点 ジョージ真壁の名演技
田崎に成りすました、ジョージ真壁はガンギブソンに取り入って秘密基地へ案内させてもらうことに…
あのいつもは高圧的なジョージ真壁が土下座まで!!


+20点 スカウター田崎
青いネオギルドロボットに殺されそうになる田崎でしたが、言葉巧みにネオギルドロボットをボディーガードとしてスカウトしちゃいました。この青いロボットは冒頭でも八つ当たりされて苦い顔をしていたので、巧い運びだと思いました
100m五秒の俊足を褒められピースするのが可愛いです


+15点 名刺爆弾
真壁からもらった名刺が超薄型の爆弾だったのだ! 爆弾を挟んで紙の厚さになるとか半端ないネオギルドの技術力です。


×10点 靖子にゃん恐るべし
青いネオギルドロボットは、ボディーガードとして新たな人生を始めたのだったが、裏切り者を許さないジョージ真壁は粛清を加えるのだった…
あ~無念、哀れ、残念。 上げてからの落とし!小林靖子は昔も相変わらずの小林靖子だった!
そして、田崎はこれからもどんどんネオギルドロボットをスカウトし、人間世界になじんでもらおうと心に誓うのだった


総評 550点 22.9点/分
敵側のそっくりさんが現れ、利用されるパターンでしたが、青いロボットの顛末と面白い回でした。
発信機をだましたり、爆弾発見、ジックキャノンとアールジーコ大活躍だったかなとも思いますね~


「気付くのが遅かったなガンギブソンさん」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/458-a0e125b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。