スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大怪獣ラッシュ稼働終了…


今回は特別に大怪獣ラッシュの稼働終了に感謝し、書いて見ようと思います。

1440888991064276+Mosaic04_convert_20150922163642.jpg

2013年9月26日より稼動が開始した4人同時プレイが可能なデータカードダス・アーケードゲームでした。
その巨大な筐体を4人で囲って、大画面で怪獣をハンティングできるのは爽快でした。

主に登場するのは、これまでウルトラ作品に登場した宇宙人をリファインしたハンターたちと、各部にハンターたちが狙う「プラズマソウル」を生やした怪獣たちでした。
CGモデルにより、自由度の高い個性的なハンターたちが、巨大なプラズマ怪獣をハンティングするのは、本当に楽しかったです。
設定としては、
今、私たちがいる「プラズマギャラクシー」では、プラズマソウルの力で巨大化、凶暴化した、通称「プラズマ怪獣」がたくさん発見されています。
このプラズマ怪獣の体表に露出した「プラズマソウル」を、宇宙人ハンターたちは、思い思いの目的のために、収集しているのです。
そう、かつて、地球という星で起こった「ゴールドラッシュ」のように・・・by ジェント


宇宙人ハンターたちが、正義などの大義名分のためにではなく、生活のために、名声のために、力を誇示するためにと各々の理由で、怪獣をハンティングしているのです。
それまでの、ウルトラシリーズよりも一癖も二癖もあるハンターたちが、繰り広げる世界観はとても斬新でした。

それでは全ハンターたちの紹介をしたいと思います。
画像は、ハンターたちのカードの中で、特にお気に入りのカードをモザイクアートにしております。

まずは、このゲームの主人公格の
「ラッシュハンターズ」
3マグナ やり Mosaic_R

マグママスター マグナ
ウルトラマンレオに登場するマグマ星人をリファインした、ラッシュハンターズの若き熱血漢。
頭を使うのは、苦手だがチームの中では、どんな不利な状況でも見せ場や仲間のために熱く戦いに飛び込んでいきます!
彼の過去には悲しい物が…と言われていましたが、結局語らず…これはこれで…

1バレル ソード Mosaic_R

バルタンバトラー バレル
ウルトラマンに登場し、これまで何度もウルトラマンと戦ってきたバルタン星人のリファインです!
バルタン星は滅亡してしまい、バレルだけが生き残ってしまったという悲しい過去の持ち主です… そのため、命知らずな無謀な戦い方をしてしまいがちでした。 
バルタン星人にしか扱えない手裏剣やブーメラン、分身など宇宙忍者の異名にふさわしい多彩な技の持ち主でした。 
バレルは、当初、大怪獣ラッシュの「顔」となるようなキャラでしたので、ゲームキャラ中で唯一着ぐるみが作られたキャラでした。


2ガルム ガン Mosaic_R

ガッツガンナー ガルム
ラッシュハンターズで作戦立案や、狙撃でチームに貢献する年長者。
ウルトラセブンのガッツ星人のリファインで、作中でウルトラセブンを倒し磔にした際の十字架を思わせるような、「クロスランチャー」を持っているのがトレードマーク。
様々な戦闘をこなしており、プラズマ怪獣に対する知識・経験も豊富ですが、重傷を負った弟を救うためにお金が必要で、報酬にこだわる様子が描かれました。
無茶な戦い方をするバレルを叱咤し、彼の心を動かし、真のチームへと成長させていきました。

4カネゴン Mosaic_R

カネゴン・アキンド
ハンター達の集うハンターステーションで、彼らに有益な武器やアイテムを売る商売人。しかし、たまに不良品を売ることもあるとか…(ゲーム中では、そんなことはありませんが)

4ジェント Mosaic_R

メフィラス星人ジェント
ラッシュハンターズを結成させたハンターたちの集団「ギルド」のリーダーのような存在で、ラッシュハンターズをある目的のために育成していたのでした。
ウルトラマンに登場したメフィラス星人のリファインで、元の冷静で知的な雰囲気に、とてもマッシブな体型で、特徴的なキャラクターでした。
また、銀河で大きな争いが起きた時、それを静めたという伝説の七振りの剣「七星剣」の妖刀「破軍」の使い手であることが判明しゲームでも高い攻撃力を誇りました。

4シックル Mosaic_R

メフィラス星人 シックル
宇宙十のギルドの安定を司る「ギルドガード」を束ねるハンター。
同族であるジェントとは、かつて因縁があったようで、星に大ダメージを与えるような戦いを繰り広げていました。七星剣とまともにやりあえるという凄い戦闘力の持ち主です。しかし、私の頭の中ではいろいろ含みのあるジェントにからかわれブチ切れる可愛い人扱いですねw

5ノダチ Mosaic_R

ノダチザムシャ―
ウルトラマンメビウスに登場した、ザムシャ―の一族で、七星剣の妖刀「無名」を振います。
生気を吸い取る妖刀だが、無欲なノダチザムシャ―はそれを見事に使いこなすことができるのです。
武道に邁進するザムシャ―の一族だからこそ使いこなせるという素晴らしい設定です!
ソフビ化され、それに付属のカードで、最後まで戦ってくれた歴戦の相棒です。ギャラクシーオールスターズでSRが当って、心強かったですね~

5フガク Mosaic_R

ババルウ星人 フガク
ウルトラマンレオのババルウ星人よりリファインしたフガクも七星剣の妖刀「サカマシ」を操ります。
「旋風のフガク」の異名通り、サカマシによって起こる風や真空波で豪快に戦います!

5ブランケ Mosaic_R

ナックル星人 ブランケ
帰ってきたウルトラマンのナックル星人からのリファインです。
七星剣のなかでも特異な戦闘スタイルで剣を鞘にしまったまま打撃するというインパクトのある攻撃、必殺技も柄からの電撃による攻撃で、徹底して抜刀することを見せない妖刀「ハリサシ」。鞘から抜かないっていうのはまた中二心をくすぐります~
3マグナ ナナマス Mosaic_R
1バレル カナツキ Mosaic_R
2ガルム フニブシ Mosaic_R
ラッシュハンターズものちに七星剣にえらばれ、
マグナ ナナマス
バレル カナツキ
ガルム フニブシ
 を手にします
しかし、そこで展開は終了してしまいます…
彼らは、一体何のために剣に選ばれどんな戦いに巻き込まれていく運命だったのでしょうか?また前の持ち主は?と気になるところです

6ダダA Mosaic_R

ダダA
ウルトラマンに出現したダダをリファインされています。
閉鎖的で、他のハンターたちと関わり合いを持たないで、自らの肉体を改造することも厭わないそういう種族です。そのことを「ダダのカーテン」と呼び、公式サイトで展開されたWEB漫画で彼らの胸の内も少し描かれました。
ダダAはエリートナンバーズと呼ばれ、エリート階級でチームのリーダーとして戦います。経験も浅く、完璧な作戦は立てられず、仲間や自分を危険にさらしてしまうこともありました。

6ダダB Mosaic_R

ダダB
コマンドナンバーズ、工兵と呼ばれるチームの年長者。若きAと少し反抗的なCの間に入り、任務を忠実にこなそうとします。
ダダがA,B,Cといるのは、元が「三面怪人」と呼ばれ三人いたように見せていたところからきているようですね。

6ダダC Mosaic_R

ダダC
兵士クラスにはダダの掟に背いた者や問題児などがよく投入されており、常に最前線で戦う事を義務付けられていました。
コマンドナンバーズの特徴として、背中のリミッターを解除する事により、全身の筋肉を増大させて戦闘力を高める「マッスルオン」という特技を備えておりゲーム中は巨大な体で戦います。
このダダCは、ダダの社会に不満を持ち自由を目指そうとしたため、兵士クラスにされてしまったようです。
6ダダC マッチョ Mosaic_R
ダダらしく、
ダダA「A913号」、ダダB「B081号」、ダダC「C696号」
と本名が設定されているのも嬉しかったですね~



7ケイプ Mosaic_R
7ジェイラ Mosaic_R
7ダイロ Mosaic_R

ヒッポリト星人 ケイプ
ナックル星人 ジェイラ
デスレ星雲人 ダイロ

極悪な戦い方や、ハンティングしたプラズマソウルを横取りしたりする卑怯な戦い方で、ギルドガードに狙われている通称「脱獄ハンターズ」と呼ばれています。

ギルドガード
15メタバー Mosaic_R

メトロン星人 メタバー
15メルド Mosaic_R

メトロン星人 メルド
15ヴァイザー Mosaic_R

マグマ星人 ヴァイザー
15チブローダー Mosaic_R

チブル星人 チブローダー
10チブローダーストロング Mosaic_R

チブル星人チブローダー ストロング
15チブローダーリミテッド Mosaic_R

チブル星人 チブローダーリミテッド
彼らはシックルの元、ギルドの秩序のために働いています。
知能が高い星人達が多くいるように思われるのがいいですね~ しかし、あまり活躍が描かれないこともあってか影が薄い人たちですね…

8フッグ Mosaic_R
8シーズ Mosaic_R
8ウィップ Mosaic_R

マグマ星人 フッグ
ガッツ星人 シーズ
メトロン星人 ウィップ

彼らは、WEB漫画で主役となったチームで特にフッグは「華麗なる蒼き怪盗」の異名を持っています。
彼らのようにラッシュハンターズ以外のハンターにもスポットを当てられた作品もありました。(もっと欲しかったです…)
シーズは、CGアニメの方にもラッシュハンターズの助っ人として登場し、プロの「スポッチャ―」というカッコいい役どころでしたね~

9インディゴ Mosaic_R

グレンファイヤー インディゴ
9ヴェルデュール Mosaic_R

グレンファイヤー ヴェルデュール
9バーミリオン Mosaic_R

グレンファイヤー バーミリオン
ウルトラ戦士も参戦を果たし、そこからのリファインキャラも生まれました。
ファイヤーマンのリファインであった、グレンファイアーをリファインしたグレンファイヤートライブの三人です!
まさかリファインキャラをリファインするとは!しかも、グレンファイヤーを兄貴分のように慕っているというのも面白いポイントでした。

11アロウ Mosaic_R
11トライド Mosaic_R

イカルス星人 アロウ &マグマ星人 トライド
この二人は、熱い友情で結ばれており、ゲームでもチームを組ませるとボーナスが発生しました。
イカルス星人はウルトラセブンに出てきた四次元空間から襲ってきた宇宙人とウルトラマンレオの宿敵マグマ星人ですが、種族や作品を超えた友情が描かれるのはいいものです。
しかし、温厚なアロウと欲望に忠実なトライドが強い絆で結ばれるとはどんな過去があったのでしょうか?

12グロール Mosaic_R
12デスレード Mosaic_R

グローザ星系人グロール &デスレ星雲人デスレード
友情もあれば、ライバル関係もあります!
氷系のグローザ星系人と炎を扱うデスレ星系人の対立関係という分かりやすい関係ですね~

14アーチャー Mosaic_R
14ウェイバ Mosaic_R

ヒッポリト星人 アーチャー &ザラブ星人 ウェイバ
どうやら性格がそりが合わない二人。ノリの軽いザラブ星人ってどんな感じなんでしょう?

13グーガー Mosaic_R
13ユミ Mosaic_R

バルキー星人 グーガー & ユミザムシャー
ラッシュで唯一の女性キャラクターユミザムシャー!
そのユミザムシャーは、弓を使い道を極めることをモットーとしているのに対し、同じ弓使いでも様々な弾を使い分けるなどして、柔軟に戦うグーガーの弓に対する思いの違いで嫌っているようです。

10デストロイ Mosaic_R

メトロン星人 デストロイ
メトロン星人のなかでも、硬質的なメタバーやメルドと違い、生身っぽくパワフルなデザインとなっています。

10デフレイム Mosaic_R

デスレ星雲人 デフレイム
20デスラル Mosaic_R

デスレ星雲人 デスラル
デスレ星雲人は、肉体と骨が逆転したデザインで、骨部分が鎧のようになっていてカッコいいハンターが多いです

20グロウラン Mosaic_R

グローザ星系人 グロウラン
20グランザー Mosaic_R

グローザ星系人 グランザー
グローザ星系人達は、ウルトラマンメビウス劇中で見せた冷凍攻撃と、異常な回復能力が持ち味でゲーム中でも体力回復の特技を持っていました。

21キルバ Mosaic_R

バルキー星人 キルバ
21ラース Mosaic_R

バルキー星人 ラース
バルキー星人は、ウルトラマンタロウの最終回を飾った宇宙人で、バルキーリングという特徴的な武器を持っていました。そのバルキーリングをイメージさせるかのような装飾が武器にあったというが、心惹きました。
また、使役していた「サメクジラ」という怪獣の「エキス」をアイテムとして持っているハンターもいたことが興味深かった。ウルトラマンX本編でペットとしていたり、怪獣兵器としていたり、まさかの食用としてまでと多様なサメクジラ文化が展開されていますね。
ナギナ Mosaic_R

ナギナザムシャ― 
ザムシャ―の一族は、専用の武器を極めようとしている求道者として描かれていますね。荒法師のようなナギナザムシャーもカッコよかったです。
22ドマノ Mosaic_R

ババルウ星人 ドマノ
22ハマー Mosaic_R

ババルウ星人 ハマー
ババルウ星人はウルトラマンレオに登場し。変身能力でウルトラの星と地球を大変なことにした凄い奴でしたが、冒険家のようなドマノや、七星剣のフガクと個性も豊かでした。そして、暗黒星雲の支配者であるという設定からか、「闇のプラズマソウルの収集に執着を示す強欲な性格のハンター」というハマーも登場しました。
23ザラガン Mosaic_R

ザラブ星人 ザラガン
23レイント Mosaic_R

ザラブ星人 レイント
友情を謳い侵略をするウルトラマンに現れたザラブ星人。潜入破壊工作員という立場のレイント通常運行だな~と思っていましたが、まさかの友情を本当に大切にするザラガンさんには本当に驚きました。まさに「ブラザー」→「ザラブ」
ピッタ Mosaic_R

ピッコラ星雲人 ピッタ
人気投票で選ばれてハンターとして登場したピッタ!
ウルトラマンタロウに登場したピッコロの弟だそうですよ~牙狼の雨宮監督のお気に入りのキャラだそうです。
ヒルガ Mosaic_R

ヒッポリト星人 ヒルガ
ヒッポリト星人は、ウルトラマンAで登場しウルトラ兄弟をブロンズ像に固めた恐るべき「ヒッポリトタール」や巨大な幻を作りだす装置などを使い戦いました。ヒルガは、ラッシュ時代で一山当てて、豪快に金を使う典型的なキャラクターとして描かれ、これぞ!という豪快な奴でした。
ラボラ Mosaic_R

ナックル星人 ラボラ
帰ってきたウルトラマンを綿密な計画を立てて暗殺に成功したナックル星人のイメージそのままに、怪獣を分析し尽くし、クールに戦うラボラ!まさしく、暗殺宇宙人や策略宇宙人の異名でした。
スライサー Mosaic_R

メフィラス星人 スライサー
赤い体のメフィラス星人!シックルもジェントも同じメフィラス星人で妖怪のような強さですが、このスライサーさんもかなりの実力者のようです

これで、オリジナルハンターはすべて紹介しましたが、個人的なオススメキャラは、
チブローダーでした。
ウルトラセブンに登場したチブル星人は頭脳は良いが、貧弱な体で人型ではない宇宙人でした。しかし、その頭脳を駆使しパワードスーツを自作して参戦するという見事なリファイン!
そして、ウルトラマンギンガSの宿敵「「チブル星人エクセラー」はこのチブローダーストロングに乗った状態で現れたという本編への逆輸入も果たしました!!そして玩具として売られたのもびっくりでしたよ
このようなリファインで、ウルトラ世界観を広げたことこそが、大怪獣ラッシュの功績だったと思います。
15チブローダーリミテッド Mosaic_R


筐体が他に比べるとかなり大きい(売りではあったんですが)から置いてくれるゲームセンターが少なかったことや、ウルトラヒーローではなく、宇宙人ハンター達をメインに据えたことなど挑戦的な部分が目立ち2年という稼働期間で終了してしまいました。
しかし、大人数でワイワイしながら怪獣をハンティングするのは楽しかったですし、宇宙人ハンターたちは、正直ウルトラヒーローよりずっと魅力的に感じていました。CGアニメシリーズもCGならではの派手な戦闘シーンでしたし、下手な特撮作品よりも巨大感やケレン味を感じられる作品でした。是非とも続編を…
ウルトラヒーローが参戦してきたことは、残念であったことと同時にしょうがないのかなとも思いました…一緒にラッシュした子どもたちに、「ウルトラマン好き?」と聞くとほぼ「大好き!」とは答えてくれ、使っていたのはウルトラヒーローが多かったですね。
宇宙人ハンターたちにあまり興味を惹かれなかったことは、正直残念でしたが、それでもウルトラマンが好きという答えは、嬉しかったですがね…
やるなら、もっと徹底的に宇宙人ハンターとウルトラマンを交流させてみたりとかが良かったと思いますね。「豪快な性格のヒルガと気が合ったウルトラマンダイナは戦いをともにし友情に目覚めた!」とか…

3ヶ月に一度ぐらいの間隔でしか遊びに行けませんでしたので、あまりランクも上がりませんでしたし買い支える層には成れなかったと後悔もしていますが、素敵なゲームや作品を生み出してくれた円谷プロ等の制作陣に感謝したいと思います。

彼らは、地球の筐体から覗くことができなくなっただけで、まだ宇宙のどこかで元気にハンティングを続けているのでしょう。万年単位で寿命がある彼らですから、またひょっこり元気な顔を出してくれることを願いながら締めたいと思います。


「ラッシュ!ラッシュ!大怪獣ラーシュ!
ウル!トラ!フロンティア!!」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/447-f2b149b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。