ウルトラマンX 第9話 われら星雲!


監督 アベユーイチ
脚本 中野貴雄


かつてラグビーに夢の全てを懸けていたワタルの弟、イサム。そんな彼が偶然借りたシェアハウスの住人たちは、ナックル星人を始めとする宇宙人だった! 彼らは地球で静かに暮らそうとしており、イサムも彼らを次第に受け入れていく。そんな中、怪獣兵器サメクジラを巡り、ナックルたちを敵視する悪の宇宙人軍団との抗争の嵐が巻き起こった! イサムはこれに巻き込まれ、なんとラグビーで勝負をつけることになるのだが…!?(公式サイトより抜粋)


前回 ウルトラマンX 第8話
次回 ウルトラマンX 第10話


ウルトラマンX総括感想




+5点 アバンのテーマ提示
今回は、「ワン フォー オール オール フォー ワン」やマックスの信じる力等、チームワークを強調した回なのでしょう。


+2点 イサムの弱さ
試合中三人の相手をを目の前にして、逃げてしまい結果的にチームは敗北。イサムは自暴自棄になり、寮を飛び出してしまった。
そこで、一軒のシェアハウス「星雲荘」に出会う…


+15点 闇のエージェント達…
星雲荘に住んでいたオネェ口調の男「名栗」はナックル星人グレイ、コンビニでバイト中の「伊刈」はイカルス星人、職人で英単語を混ぜ込んでくる男、「春木」はバルキー星人だった!
それぞれウルトラマンギンガに登場した時のキャラのままで、人間態を演じられていたのはも声優さん達でしたので、会話や演技がとても自然でした。
名栗 - 平野勲人
伊刈 - 関智一
春木 - 橋本達也
まんまギンガの時と同じのコミカルなキャラでしたが、ラッシュ出の世界にSDでいったり、UPGで働くことになったりして色々あったのか平和に地球で暮らそうとしていました。
財布を警察に届けたり、イサムの悩み相談したり本当に改心したんですね~


+20点 サメクジラジョリー
バルキー星で飼っていたペットのジョリーが、地球まで追っかけてきた!
30cmぐらいの大きさのサメクジラ可愛過ぎです
そんな暗黒星団は成長させたサメクジラを侵略に使おうとたくらみます。ってサメクジラってそんなに有名で有効な怪獣兵器なの!?
平成の世に、まさかのサメクジラの復活とはしかも、幼体で登場するとか誰が予想できたでしょう!?


+20点 イサムとワタル
共同生活で、星雲荘の宇宙人達が優しい宇宙人であることを知ったイサムは彼らを受け入れ、xioである兄ワタルの前に立ちはだかります。
いいですね~人間と宇宙人の信頼関係!
ラグビー勝負になり星雲荘の宇宙人達に頭を下げられますが、イサムは逃げだしそうになります。しかし、ワタルの言葉により奮起しラグビーを教えることになります。
夕焼けに4人で走るシーンが美しいです。


+15点 暗黒星団
サメクジラを狙うババルウ星人、ゼットン星人、ケムール人、ダダは星雲荘のメンツとラグビーで勝負することになります。
「宇宙ラグビーリーグ連続優勝、暗黒星雲伝説の8番」という肩書のババルウ星人。マジかよ((゜Д゜))
まさしく、宇宙は広い そして狭い
ケームル人とゼットン星人が同じ画面に居るのが、面白いですね


+10点 神木隊長
戦闘以外で、勝ち負けを付けようとする宇宙人達の気概に嬉しくなる神木隊長。本当にぶれない正義の人です


+5点 アクマニア星人
さらっと審判をしてるアクマニア星人w


×7点 宇宙人固有の能力を生かした超次元ラグビー
超足の速いケムール人。変身能力で翻弄するババルウ星人。瞬間移動を駆使するダダ。と圧倒的な力で、チーム星雲を突き放していく。
そういえば、チーム星雲は特殊な能力があまりない人たちですね。イカルス星人が異次元を使うことができる機械持ってるかな?ってぐらいですね。


+15点 イサムの勇気
ビームや乱暴を働く卑怯な暗黒星団に対し、怒りとチームワークで逆転の攻勢をかけるイサム!
3人相手だって、今度は突破してみせます!前半の失敗を打ち破るイサムの成長が描写されていて良いですね!


+20点 キャラ崩壊
逆転の一発にテンションがあがり、飛び上がる橘副隊長。可愛過ぎました
しかし、逆転の試合終了に橘副隊長の前にでて、喜びを爆発させる神木隊長。ブレました。これはドクター真木が出ていますw


+10点 ノーサイド
ラグビーでよく言われる、試合が終わったら敵味方関係なく試合を通じて皆仲間という精神である「ノーサイド」
その精神で、イサムはババルウ星人に手を差し伸べますが、
「宇宙に右サイドも左サイドも上も下もない!」と逆上し、巨大化して暴れ始めました。確かに宇宙には方向感覚はないけどさ…


+10点 4対1
巨大化した四人を相手にするX。ぶつけられてしまった報復にダダの尻を叩きまくるゼットン星人とかチームワークの悪い暗黒星団を軽くひねるXはかっこいいです。
ラグビーを意識したようなタックルや、それを払うXの戦い方もいいですね。
競技場の窓越しに戦うカットが、合成でしたけど、凄い自然に見えるシーンだったと思います。
吹き飛ばした後、ヒマワリを越しの汗をはらうかのような仕草をとるXが、スポーツ回っぽい爽やかさでした。本当にXは人間臭いですね


×10点 伊香保温泉
イサムが元のラグビー部に戻る決心を見届け、誰にも言わず去っていく星雲荘のメンツが湿っぽくていいです。
中盤に出てきた、温泉町で暮らしたいという話が回収された最後の伊香保温泉のポスターがより一層涙を誘います。
「みんなで一緒に行かなイカ?」の一文がまた堪らないです…


総評 1194点 49.8点/分
ウルトラゾーンのような、地球になじもうとしている宇宙人達のお話。そしてウルトラゾーンから一歩踏み込んで、侵略目的の悪い宇宙人もいてウルトラマンがそれを倒してくれるという、ウルトラマンらしい話に巧くシフトしていく私の好み中の好みのお話でした!
ミニチュア特撮やCGがアクションが凄いお話もいいですが、私は宇宙人や怪獣が実際の生活の中に紛れ込んできたら?という不思議な空気がウルトラマンらしいお話だと思っています。
地球になじもうとする星雲荘メンツ、あくまで侵略を目指す暗黒星団。どちらも実際にありえる宇宙人達の地球での選択ですので、リアリティがありますよね。でも、ラグビーで勝負するってのはまさしく、ウルトラゾーンの空気です。


「私達宇宙人なの」
「知ってましたよ」
「えっそうなの!?」






無料アクセス解析

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/439-dc469623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ