スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特捜ロボジャンパーソン 第19話 怪盗! 電送魔女


監督 小西通雄
脚本 増田貴彦


「電送」により神出鬼没の怪盗パンサーレディ。彼女の目的は、電送のエネルギー源であるブルーダイヤを大量に手に入れ、多くの同胞を日本の中枢に侵入させ日本転覆を狙っていたのだった。
トラウマを抱えた関町刑事とジャンパーソンがパンサーレディのSS-Nの野望を打ち砕く!


前回 特捜ロボジャンパーソン 第18話
次回 特捜ロボジャンパーソン 第20話

ジャンパーソン 感想まとめ



+5点 凄い恰好
開始一分で現れた凄い恰好の電送魔女パンサーレディ。真っ黄色の豹柄の怪盗って凄いよ。忍ぶどころか暴れるぜってやつですか?
電送ってあれ?「コンバットスーツ デンソウ シマス」のあれ?
「電送!電送!電送!電送!コンバットスーツ!」
っていうか、ジャンパーソンを翻弄する体技をみせるパンサーレディ凄いです。


+2点 霞のジョー
刑事姿がカッコいい小山力也さんです。


+10点 危うしジャンパーソン
ジャンパーソンの身体に取り付けたポインターを目印に自分自身を電送することにより、ジャンパーソンを内側から攻撃するパンサーレディ。凄いぞ!あの頑丈なボディの攻略法としては、理にかなってるぞ!


+5点 関町刑事
二年前に誤射してしまい里美にけがをさせた関町刑事。それ以来銃を撃つのが怖くなってしまっていた。
ジャンパーソンや里美、高瀬の説得を受け、勇気を振り絞り、パンサーレディに挑む!


+2点 バックレットコントローラーって取れるの!?
前回自らダークジェイカーを呼び撃ち抜いて逃げられたので、まずはバックレットコントローラーを引きはがしてから電送するパンサーレディ。さすが、博士です。


×10点 ヒーロー
自分の身を犠牲にしても、事件解決と関町刑事の心を救ったジャンパーソン。最後のかおるの涙ぐみながらの「大バカ者よ」が泣けます。
いままでは、颯爽と現れ事件解決して去っていくだけのパターンが多かったのですが、協力者かおるがレギュラーになったことにより、ジャンパーソンが基地でメンテナンスをされていることが判明し、いつもギリギリの戦いをしていたことが伝わってきます。
そして、ジャンパーソンのやりたいこと(今回の関町刑事関連)もはっきり明言されたので、よりジャンパーソンのことが分かるようになりました。かおるの登場で物語に幅がでたということでしょう。

総評 240点 10点/分
着ぐるみ怪人ってわけでもないですが、その派手な衣装と華麗な体技とジャンパーソンを苦しめた電送とインパクトを残してくれたパンサーレディ。関町刑事のドラマもわかりやすく、低予算臭がしますが、面白く見れた回だと思います。
余談ですが、Wiki見て一番驚いたことは関町刑事役の石田圭祐さんは声優としてもご活躍されてて、自分が初めて手にしたPSゲームのクラッシュバンディクーでディンゴダイルというボスキャラを演じてたことでした。
「今夜のご飯は焼き肉だ~!!」


「ジャンパーソンあなたバカよ…大バカ者よ…」





無料アクセス解析

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/416-31aae16e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。