ウルトラマンX 第2話 可能性のかたまり


監督 田口清隆
脚本 小林弘利


大熊山から巨大怪鳥バードンが姿を現した。どうやらバードンは産卵を控えているらしい。産卵用に作られた巣に民間人が閉じ込められていることが判明し、大地たちXio隊員は早速救出作戦を展開。巣からの引き離し攻撃にバードンは怒って大暴れ。大地は仲間を救うためにウルトラマンエックスにユナイト。猛毒を持つバードンのクチバシ攻撃にエックスは大苦戦。その時、ファントン星人グルマン博士が発動させた、とっておきの策とは!?(公式サイトから転載)


前回 ウルトラマンX 第1話
次回 ウルトラマンX 第3話

ウルトラマンX総括感想

+5点 Xio解説
Xioに見学に来た学生に説明しているとい体裁で、視聴者にも説明をする無駄のない流れ。


+5点 隊長の正義論
怪獣をぶったおすのが、正義なのか?
副隊長は、人命最優先という考えを打ち出しています。


+5点 グルマン博士
こいつ頭いいのか?さすが宇宙人。一癖あるキャラクターですね。
透明化する薬を何のためらいもなく飲んでるとか凄い。


×5点 スカイマスケッティ 発進

ジオアトスとジオマスケッティが合体し、出撃します!
オールCGですが、光沢があってかっこいいですし、整備班が出撃を見守るがかいい~


+5点 作戦
隊長の作戦指揮が的確です!まずは追い払って生息地に戻すのが第一。
しかし、バードンが産卵のために来ているとわかると、餌とされる人間たちが大勢いる巣から引き離したうえで、攻撃をかけさせます。怪獣と共存派ではありますが、卵を持っているとなると話は別。微妙につらそうな顔で、攻撃を支持する隊長です。


+15点 火山怪鳥バードン
火山の火口に住むバードンが、地上で巣作り。体温が低目なのは、卵を抱えているからだった!
産卵のために、巣を作り、ヒナのための餌として、人間を生きたまま集めていた。
巣にスカイマスケッティが近付くと、ぐるっと後ろまで首を向け攻撃をしてきます。昔はそんな描写なかったのですが、鳥にはフクロウなど首が柔らかい種がいますから、そこからの新解釈なのでしょう。
しかも、出現した場所が「大熊山」で、初代バードンが現れたところと一致しているというのがニクいです~


×10点 空中戦
CGで描かれるスカイマスケッティを存分に生かした大迫力の空中戦!
そして、音量小さめですが「ワンダバ」が!!
バードンとすれ違うカットがが物凄くかっこいいです


+5点 変身
高いところが苦手と躊躇しますが、墜落するスカイマスケッティを救うため、大地は変身します!
スカイマスケッティのコックピットのガラス面にXの顔が写りこんでいるのがかっこいい演出です。
「よし!行くぞ!」の声がダブるのがいいですね~


+10点 毒のほお袋
メビウスで後付けされた、タロやゾフィーを倒したのは毒だったという設定も使っており、Xも大変苦しめられています。
毒を防ぐために、スカイマスケッティに頬袋を攻撃させたり、ゴモラアーマーを使ってみようとなるのが自然な流れで良かったです。


+10点 ウルトラマン視点のバードン
くちばし攻撃をする際に迫ってくるバードンの顔をX視点で見れますが、怖い。本当に怖い。
黄色い毒が滴ったくちばしが生物館に溢れています


+5点 ミニチュア
煽りの視点で、手前に田舎の風景のミニチュアが並びます。市街地戦のビルも良いですが、田舎風景は似たような風景になりませんので、「あっトラクターだ! おっ土管の積んだ空き地がある」とそちらに注目するのも面白いです。


+5点 アスナのバズーカ
Xを援護するために、バズーカを撃つアスナの声が凛々しくてかっこいいです
今のところ、まだ彼女のかわいらしい素の部分は出てないのですが、戦うヒロインとしての立ち位置なら完璧ですね


×20点 ゴモラアーマー
毒のくちばしを防ぐために鎧をXに着せようと考えるグルマン博士。サイバーゴモラのカードをXに送り、大地がサイバーカードをリードしてウルトラマンと地球技術のコラボが完成!
大地はノリノリですが、状況がつかめていなくてうろたえるXが可愛いです。
硬い装甲で、くちばし攻撃を完全に無効化です!それまで、パワーで押されていましたが、強力な爪攻撃で格闘戦でもバードンを圧倒していきます。
必殺技も「ゴモラ振動波」とゴモラの技から来た強烈な一撃!何よりもウルトラマンが「ウォォォオ」」と唸るような声をあげたのが新鮮でした!


+5点 作戦終了
バードンを倒して終わりではなく、きちんと人命救助まで命令したのがさすが隊長!


+20点 怪獣との共存
今はまだ、SDに戻して保護するしかできないが、いずれは怪獣たちとも共存することを願う大地。地球が「可能性のかたまり」であることを願う大地が爽やかに締めてくれました。



総評1000点 40点/分
バードンの生態描写に力を入れた怪獣大好きの田口監督らしい演出の数々!ゴモラアーマーのカッコよさ!まだ、怪獣が中心の作劇になっているので、隊員の個性などは伝わりにくいですが、大地や隊長の怪獣への考え方など作品のテーマになりそうな部分はしっかり描かれているのでいいのではないでしょうか。
てっきり、Xの変身者であることはバレててアーマーが作られると思ってたので驚きましたね。


「ちょっと重いけどな」






無料アクセス解析

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/405-2b6c6760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ