スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーキバ 第20話 夜想曲・愛の救世主


監督 舞原賢三
脚本 井上敏樹

2008年-ファンガイアに連れ去られた名護と健吾、イクサになって二人を助け出そうとする恵だが、なぜか足が動かない。そして、音也の魂が乗り移った渡は、恵の状況を見抜き、戦うことをやめるように進言するのだが…
1986点-イクサを手にしても、ルーク相手に恐怖が消えないゆり。音也はそんなゆりを心配して探しているうちに、一人の美しい女性と出会い…(東映公式より抜粋)


前回 仮面ライダーキバ第19話
次回 仮面ライダーキバ第21話



+10点 のりのり瀬戸康史
音也を演じる瀬戸康史くんがノリノリで演じてくれています。


+5点 名護さんの志
一点の曇りのない世界を作るために戦っている名護さん。ん~薄っぺらい


+5点 真夜
音也があがってしまうほどの美貌の持ち主で、ルークを軽くあしらうチェックメイトふぉーのクイーンと呼ばれる真夜。
真っ赤な月を出現させ、掟を破ったファンガイアを断罪していきます。美しいけど怖ぇ


×5点 自分の弱さ
どうしてもルークと戦えないゆりの弱さ。イクサを扱う自信がなくて、足が動かない恵の弱さ。
音也により、両者は自分の弱さを認め再び戦士として立ち向かう。
親子そろって同じ悩みとは繋がりを感じますね。


+10点 ナイスコンビネーション
イクサを名護さんに返し、絶妙なコンビネーションでレディバグファンガイアを追い詰める!バイバイキ~ン(声優が中尾隆聖でした)


×10点 巨大戦共闘
パワードイクサをキャッスルドランの背中に乗せて、ミサイル攻撃を同時に行い、最後はダブルライダーキック!!
両者ががっちりと手を結んだ共闘ではなくて、呉越同舟的な感じでしたが、ダブルライダーキックは超燃えます!
共闘させるために、鼻息を吹くキャッスルドランや上空に去っていくシーン等かっこいいです。


+2点 真夜の周りを飛ぶ謎のキバット
音也が話していたキバットバットⅡ世といい、キバは複数いる!?


総評 202点 8.4点/分
音也が渡に乗り移る謎の回でした。一体この音矢はどの地点の音也だったのか?キバットバットⅡ世のことは知っていたが、渡のことは分かっていないとか、終盤のやつっぽいけどそれはそれでおかしい話です。
どこかで、分岐してしまったパラレルなところから飛んできたとか、この時点での最終回の物語から来たとかということでしょうかね?
音也により、過去と現在の麻生親子が救われるという、「親子二世代物語」がしっかりできていた良い回だと思います。


「自分の弱さを分かればそれでいいんだ」






無料アクセス解析

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/403-88e203c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。