スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガメラ対深海怪獣ジグラ


監督 湯浅憲明
脚本 高橋二三


世界各地で謎の大型地震が発生。その一方、「鴨川シーワールド」で休暇中の洋介、トムの科学者2人と、その子供、健一とヘレンが宇宙船に誘拐される。助けに来たガメラによって宇宙船を壊された宇宙人は、水圧の違いから巨大化してしまい、地球を植民地化することで復讐を図る。
巨大化後は水中戦でガメラを翻弄、陸上戦ではオレンジ光線でガメラを仮死状態にして勝利したジグラは、ガメラを調査しにきた科学者親子の潜航艇を捕獲、乗組員を人質に人類に降伏を迫るが拒否される。(wikipediaより抜粋)


前作 ガメラ対大魔獣ジャイガー
次作 宇宙怪獣ガメラ




+2点 露骨なまでのタイアップごり押し
冒頭の、健一とヘレンのだらけっぷりとシャチやアシカショーと比較する場面。鴨川シーワールドのショーをバンバン使ってます。


+5点 子どもの純粋な勘
ジグラ星円盤の中で、事実を受け入れるのに時間のかかる大人と、豊富な想像力と、純粋な感受性でジグラ星人のことを受け入れる健一とヘレン。
催眠術にも眼を見たらいけないとか、円盤のシステムを動かして脱出とか凄すぎ


+10点 イカスぞガメラ イカスぞガメラ
ジグラ円盤がボートに迫る!そのとき、ガメラが現れボートを救う!BGMでガメラマーチが「イカスぞガメラ!イカスぞガメラ
」と歌ってるのが微笑ましいです。
ジグラ円盤の迫ってくるシーンは迫力満点です(ちょっと合成スクリーンの縦線が気になりますが)


+10点 戦闘機
実際の自衛隊に配備されていた戦闘機の実写シーンと特撮パートをうまく使い分け、カッコいいシーンに仕上がってます


+2点 鈍臭い…
健一とヘレンを始末しようと暗躍するジグラ星人の遣いの女だったが、背後でひっかかり気付かれたり鈍臭いです。大人相手には催眠術でばっちりやるんですがね
催眠術への対抗ができたからってのが大きい…というか、単純に子供の相手の時だけ鈍臭すぎる…


+5点 VSジグラ円盤
レーザーで対抗してくるジグラ円盤に岩でガードしつつ、火炎放射で攻撃するガメラ。放つ前から、口内で炎がチラチラ見えてましたが、海の中で炎って凄ぇ火力


+10点 魚形態ジグラ
泳ぎやすそうですね~
ジグラは転移四次元光線やオレンヂ光線等、絡め手を使った戦闘が得意のようです。単純な破壊力の光線を使うより、こういった特殊な技を使うということからも、ジグラが高い科学力を持っていることが窺えます。


×10点 二足形態ジグラ!
立った!ジグラが立った!!魚形態より私は好きです。


+10点 ジグラの宣言
円盤を破壊されたためジグラ星に帰れなくなったと同時に、水圧の変化から巨大化してしまったジグラ。そのためにジグラは復讐のため地球の海を占領すると宣言!


+5点 催眠術打破
ひょんなことから、超音波でかく乱することで催眠が解けることが判明。手先の女も解放。
ガメラも復活か?


+15点 絶体絶命
ソナーでガメラを復活させようとしますが、ジグラに阻まれ4人の乗る潜水艇は日本海溝1万2千mに引きずり込まれてしまう。
浸水、浮上装置の破壊、酸素が1時間しかないと絶体絶命のピンチに、ジグラから潜水艇の安全の確保と地球の降伏の交換条件を出されてしまう。
自衛隊の隊長が即決で、降伏をとり潜水艇の安全をとる素晴らしい人格者でした。しかし、苦手なライトで反撃に出た潜水艇はジグラの怪光線により…


+5点 寝ぼ助ジグラ
ガメラが落雷により復活し、潜水艇を助けに現れた。岩を投げつけるも、ウトウト。ウトウトしながらそのままガメラは潜水艇を持ち帰ることに成功します。
ジグラよ…長旅で疲れていたのかい?


+15点 助かった4人
酸欠によりとっくに死んだと思われていた4人だったが、ジグラの怪光線により、仮死状態に陥っていたのだ!ガメラと同じように電気ショックにより蘇生!
あの絶体絶命の状況が逆に産んだ奇跡でした!
敵側の仕掛けで起こった奇跡は燃えますね~


×5点 流血マッチ
起きたジグラは、魚形態で海底を自由に泳ぎ回り、鋭いひれでガメラを切り裂いていきます!お馴染みの流血マッチです!
海中で機動力があり、その勢いで、切りつけていくというのが、リアリティがあります


+10点 ジグラは楽器
岩を鼻先に突き刺され身動きが出来なくなったジグラの背中を岩で叩きつけ奏でるガメラのマーチ!?子供大好きコミカル描写です

×10点 大迫力の火炎放射
止めの一撃火炎放射!ジグラが燃え尽きるのをじっくり映す画面はいいもんです。
「怪獣ジグラは地球のこの美しい海に憧れて命を落としたんじゃないか」というお父さんカッコいいです。


総評 790点 8.98点/分
少々、特撮戦闘パートが少なく感じたこの作品。割合的にはジグラの使いの女との追いかけっこが長かった印象。
少年と外人子どものコンビの活躍もあまりなかったですが、要所要所できちんと役目があったのはいつもの昭和ガメラですね。
しかし、2形態を使い分ける鋭角的なフォルムのジグラのカッコよさは抜群!海の中でほとんどの戦闘があるのも特徴で、海中を泳ぎまくるジグラはスピード感がありましたね~


「地球人に告ぐ 無駄な抵抗はやめろ」





無料アクセス解析

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/390-d4540586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2015/07/09

 前回更新の「 湯浅版視聴記 /06/30 」に続いて、 「大怪獣ガメラ」から「宇宙怪獣ガメラ」まで、昭和の大映ガメラシリーズ8作品の鑑賞記などを、まとめてご紹介しております。 関連で「大映特撮DVDコレクション情報 /06/25 」はこちら。  前回「 /02/06 」での、「 対大魔獣...

▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。