仮面ライダーキバ 第17話 レッスン・マイウェイ


監督 石田秀範
脚本 米村正二



2008年ー大ちゃんの正(=ルーク)に衝撃を受けたままの渡。何のために戦うのか分からなくなり、一人家を飛び出してしまう。旅先でアーチェリーの練習をする女性と知り合うのだが…

1986年ーゆりの頼みで少女にバイオリンを教えるこになった音也。大切なオーデションまでに少女のスランプを治すことができるのか?
東映公式サイトより抜粋)


前回 仮面ライダーキバ 第16話
次回 仮面ライダーキバ 第18話



+2点 キバックション!
キバットは風邪をひいてそのくしゃみ。なんて個性が出てるんだ


+5点 ちぎれないボタン…
現金輸送車を狙った坂口を捕まえるためにバウンティハンター・名護が動く!
確保まであと少しのところまで追いつめたが、止めのボタン取りが失敗し、逃走を許してしまう
そして、名護さんが狂った道を歩み出す…


+5点 アーチェリー
倉沢マミが凛とした真剣な表情で、アーチェリーを練習している。そこが、しんとした波一つ立たない湖のほとりってのがすごいマッチしています。


+2点 どちらかというとつまらない方です
アーチェリーの練習をする倉沢マミに出会い、トレーニングを一緒に始めた渡が「おもしろいね」と言われ時の返事の一言。


+5点 子どもに振り回される音也
オーデションに合格させるために、バイオリンの講師を受けた音也。しかし、くそ生意気なガキんちょのブービートラップにひっかかったり、練習から逃げザされたり振り回されっぱなし。
しかし、次第に音也の破天荒さで、ガキんちょを振り回していくのだった。パガニーニがトイレ掃除の天才なわけないだろ!


+5点 シースターファンガイア
名護さんは折っていた坂口は、シースターファンガイアでスポーツ選手を襲っていたのだ。
ヒトデのファンガイア。顔が5つあるように見える面白いデザイン。


+15点 つけは効かないよ
ガキんちょの言葉に、怒ったマルダムールのマスターが怒り音也につけはさせないと言った。しかし、音也は「金が入ったら10倍で払う。」と返答。それが「つけ」っていうんだよ(((゜Д゜)))
面白すぎます


+10点 俺のボタン!!
坂口を追って(というよりボタンを追って)さまよう名護さん。坂口と対峙しますが、変身することなく、シースターファンガイアにぼこられます。


+5点 力の出ないキバ
バイオリン作りがしたいだけで、戦うことに乗り気ではない渡。風邪で絶不調のキバット。あまりうまく戦えていませんね。


+10点 ガルルフェイク
キバのフエッスルを解析して作られた「ガルルデフェイク」でガルルセイバーを強奪するイクサ。元から剣持ちのイクサがガルルセイバーをとる意味は、キバから武器を取り上げるという意味しかないんでしょうね。
ボタンが取れないフラストレーションが、キバ相手に爆発します。めっちゃくちゃ荒々しくキバを滅多切りにします。ファンガイアを攻撃しようよ名護さん…でないとボタンも取れないよ…



総評 64点 2.8点/分
音也パートも渡パートもコント成分多めでした。しかも、妖怪ボタンむしりとして動き出した名護さんの狂いっぷりも笑えます。
唯一脚本がメインの井上敏樹さんではなく、米村正二さんの前後篇ということで、名護さんがいろいろとおかしいです。しかし、音也の適当破天荒さ等は変わらずで面白いです。
次回で決着をつけるためのネタフリ回ですね。



「さぁ俺をもてあそぶんだ!」






無料アクセス解析

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/380-a8ac50ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ