スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号


監督 柴崎貴行
脚本 米村正二


1973年2月10日 「仮面ライダー」最終話。ショッカー終了を倒し、人間の自由を取り戻した仮面ライダー1号、2号の前に、最強の刺客が現れた。「仮面ライダー3号」。

その3号にダブルライダーは敗北し、仮面ライダーの歴史が狂ってしまう…


ここからは、ネタばれだ!
ネタばれが嫌な方が、ここから先を見ることは俺が許さん!!!


+5点 仮面ライダー3号VSダブルライダー
単純なスペックは、3号が上。コンビネーションはダブルライダーが上。でも、圧倒的なスペック差に敗北するダブルライダー。
結構、緊迫感ありました!

+5点 ドライブタイプスピード シャドー!
ニンニンジャーを意識してか、ミッドナイトシャドーを使った戦闘。ライダーキックのスピードロップも分身して連打というド外道技と判明し驚きましたよ

×20点 仮面ライダーBLACK!!!
子供たちの自由を守るため、高いところでの南光太郎の変身!!キレッキレの名乗り!
しかも、変身途中に、バッタ男が挟んであるという細かい芸!
まさしく「てつをキタ!!!!!!」でした。


+20点 「仮面ライダー」ドライブ
部長の死に際や霧子の思い、南光太郎の言葉、行動に心動かされ、自由を守るため「仮面ライダー」を名乗るドライブ。かなりの序盤にこの展開を持ってきて凄いと思いましたよ。でも、結構あっさり目に仮面ライダー宣言しちゃいましたね。
進ノ介の演技に熱がこもっていたのも評価高いです


×50点 各地でゲリラ的に戦うライダー達が、集結しようと動くロードムービーのような展開
ライダー達は、ダブルライダーが敗れた後も、続々と誕生するが、敗北しショッカーライダーとされている現状。
しかし、ライダー達は、「ライダータウン」に集結を果たし、逆転を図ろうとしていると、3号に聞き仲間を増やしつつライダータウンに向かう一向。
このシチュエーションが最高に良かった!!ライダー達が襲いかかってくる理由もしっかりあるし、徐々に仲間を増やしていこうとするのたまらない。



+15点 ブレイドライダーズ

顔出しの橘さん。声だけの剣﨑、睦月、始。剣﨑を救うために、動く橘さんだったが、本当はショッカーのためにライダーを罠に嵌めようとしていた
まさか橘さんが騙されるじゃなくて、騙すとは!!

この時のブレイドとギャレンのマスクの角の下の部分「銀色」ではなくて、ジャックフォームみたいな「金色」じゃありませんでした?ライティングのせいかな?見間違いかな?
画面ではずっとそこが気になって、悪の心を表現してるや、「金色」がこの世界の歪みの象徴なのか?(3号も金色っぽいラインがあるので)と思ってましたが、パンフレットでブレイド達の写真を見るに勘違いっぽいですね


×10点 仮面ライダーファイズ登場!
人間の自由には興味ないと悪態をつきますが、ショッカーとは敵対する立ち位置で「乾 巧」、仮面ライダーファイズ登場!!
そして、発光スーツですよ!!!視界ほぼゼロと言われる発光スーツでライダーバトル!アクセルフォームも登場し、マッハと超スピードバトル!ん?マッハってそんなに加速できるの?という突っ込みは置いときましょう。ヒーローは通常速度より、速く動けるのであれば、それだけでスペックや設定は飾りなのです。10秒だけだろうが、クロックアップだろうが、高速戦闘の土俵内なのです…


+10点 黒井響一郎 前半
仮面ライダーを名乗った進ノ介にかけた言葉や、桜井侑斗との掛け合いで、頼れる兄貴分としては最高だなと思いました。また、勝ちにこだわる性格や、ライダーと戦うたびに強く強く握る拳からも、これ以降に何かを感じさせるいい描写でした。


+1点 まさかのどんでん返しショッカータウン
黒井の犠牲の末辿りついたライダータウン。しかし、黒井はもともとショッカーでした~ライダータウンなんて嘘!罠でした~との茶番告白。
信じていたのに!!!!ブレイド達の嘘がこの手前にあったから、これは本当だろと思っていたのに・・・
でも、実を言うと黒井が「俺の最後だ!」みたいな感じで進ましてくれたので、こりゃ嘘だなってのがわかっちゃいました。
そこからの、進ノ介の「ライダーGPしようぜ」の提案にもずっこけました…
一応、レースで早いのが、仮面ライダーにふさわしいみたいな前振りはありましたが…


+15点 仮面ライダーグランプリ
マシーンからの攻撃、降りて攻撃、乱入ありとなんでもありのレース!
おいリボルギャリー、中から、ハードボイルダー出てくるんじゃないのかよ((゜Д゜))最強の当たり屋も、普通に横転してて笑いましたね
そして、パーフェクト虫取り棒ゼクターを振り回すノーマルカブト(((゜Д゜)))
マッハのシグナルトマーレで動けないマシンをごぼう抜きする。空飛ぶトライドロン。あれは何?(マッハともう一人で乗ると言われてるあれの先行披露ですね)


×20点 仮面ライダーBLACK RX!!!
人類の自由のために立ち上がり、希望の光となった進ノ介を助けるために、南光太郎が復活!!
RXの変身を完全再現!瞳の中の火花!最高です
CGでも、ライドロンが登場し、チェイサーをボコッてくれました
次郎さんずいぶん鍛えましたね…
でも、一欠はかっこよかったです


+5点 ライダーロボ
レースに敗れたが、最強のショッカーライダーだということで、ショッカー首領に捕まりそのままライダーロボの動力とされてしまう3号。えっ?それでいいの?
わりとデザインは悪くはなとは思いますが…
歴史改変ビームというチート技で、仮面ライダーを抹殺するのには驚きましたね
腕からのポンポン砲が流星人間ゾーンを思い出しましたね~ あれ大好きです


+10点 民衆が勇気を振り絞りショッカーへ反逆
ライダーの姿を見て、第一声を上げる少年。序盤で、反ショッカーを訴えて捕まった男の子どもさんでしたよね?
ベタです。ベッタベタです。だが、ベタのどこが悪い。
勇気を振り絞ってのライダーへの声援!最高ですよ


+5点 ライダー大戦
ショッカーライダーとなっている歴代ライダーと戦うドライブ、ゼロノス、RX、マッハ。 
ライダーロボの中に生きていたダブルライダーがエネルギーを奪って復活!!そして、改造が無効になり、目覚める歴代ライダー!
ブラック将軍を演じる高田延彦さんの「出てこいや!!」で現れる怪人軍団。エビ姉さん!エビ姉さんだ!めっちゃテンションあがりました、ファイズのロブスターオルフェノクに。
大乱戦の中は小ネタが多くて、見ごたえがありました。確かパインスカッシュを弾かれてる鎧武とかいたような気がします


+10点 ニンニンジャー参戦!
お約束のポッと出参戦の新戦隊。そして、「ラストニンジャだもん」の一言で大体片付けそうなじいちゃんが新オトモ忍シュリケン「トライドロンシュリケン」を渡して、ハンドル剣に装着!
そうすると、ライダーと戦隊の力が合わさった奇跡の巨人が誕生したのです!ジュリケンジントライドロン!顔がドライブっぽい(゜Д゜)


+1点 なぜか助けに入れない歴代ライダー
デッドヒートマッハで応戦するも、チーターカタツムリの粘着液で動けなくなり、怪人軍団の攻撃で命を落とすマッハ…
4体も歴代ライダーがスルーしてマッハの相手にさせてしまうとは。もっと「しょうがない感」を出してほしかったですね


×5点 仮面ライダーゼロノス
桜井侑斗がデネブがライダーに帰ってきた!「最初に言っておく俺はか~な~り強い!!」や「しいたけ」等懐かしいセリフがならび、最後はプロレス技をかける侑斗であったのがとても微笑ましかったです~
でも、速攻でデネビックバスターを落っことし、ゼロガッシャーで戦ったことと、「錆びても強い」が無かったのは残念でしたかね


+15点 仮面ライダーJ
野営に夜襲を懸ける目がランランと輝く仮面ライダーJ!巨大感に溢れ最高にカッコ良かった!
そして、遂にラスボスとの戦いに攻撃を当てることができました。長かった…キングダーク2世との戦いに「行け仮面ライダーJ」とディエンドに呼び出されて以来、とりあえずでかいから行くけど、一発も当てられず凹まされるってのが常のJ。超嬉しかったです!


+2点 ライダーマン
マシンガンアームのお姿をやっと拝めた!ってあれなんかしょぼくない?


+5点 仮面ライダーV3
「君こそ仮面ライダー3号だ!」とライダーマンにしたときのように、命名する命名おじさんになってましたね


+10点 チーターカタツムリ
源さんまさかの怪人化! 相手を遅くしたうえに、自分はチーターの速度で攻撃するという、巧い組み合わせ!
そしてデザインはひたすら気持ち悪い!(褒め言葉)


×10点 トリプルライダー
1号、2号、V3のトリプルライダーは安定なのですが、今回のV3ではなく、3号の組み合わせを見ていると、不思議な気持ちになりました。
V3の時は、ダブルライダーが確実に先輩だい、生みの親でもあるので、3人の関係が「親子」に見えてきたんですね。
それに、比べて3号の時は、デザインもぐっと近かったし、キャラも成熟していた方向だったので、ダブルライダーにより近く「兄弟」って感じがしましたね。


で、結局剛君死んだの(((゜Д゜))))
一番最初の歴史改変の時、霧子に装着されたシグナルバイク。あれのおかげで、歴史改変の影響を受けなかったんだよね霧子?では、何故霧子に?剛君は変わってたのような描写ですので、さらに疑問がわきます。
これは、4号でわかるのか。死んだことは、本編の剛君の未来を示唆しているのか?
それとも、4号の話に関わってくるのか?

映画単体を見に行ってるのに、それで話が完結しないのはどうかと思います。と私見です。なので、点数半分に減点します。

総点1173点

序盤のめまぐるしく動く展開。「仮面ライダー」覚醒、ロードムービー、黒井の掘り下げとてんこ盛りなうえに、変則的な作り。見ていて非常に楽しかったです。
しかし、GPから後は、茶番運動会って感じも否めないです。でも、画面は非常に派手で面白です。
黒井の真意とか描写的に微妙な部分も感じましたが、魅力的に描かれ楽しめました。

やはり、不満がないとは言いませんが、南光太郎をはじめとするオリジナルキャストの原典リスペクトの部分は素晴らしいと思いますし、派手な画面はみていて楽しいものです。


このレビューは劇場で見た物を思い出しながら書いているのと4号のDVD等はみてないのでご了承ください。
パンフレットや、4号等を見ましたら、加正する部分もあるかもしれませんので~

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/349-80debe24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。