スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙刑事ギャバン 第16話 初恋は宝石の輝き さようなら銀河特急


監督 小林義明
脚本 上原正三


わかばちゃんのクラスにやってきた転校生「雨宮三郎」
ひょんなことから、一条寺烈は捜査を進めることになり、ガマダブラーと遭遇する。

雨宮三郎は、「レイク星」の「ドクターバーンズ」の息子「ベム」ではないか?
至急ドクターバーンズんも保護に当ろうとするが、ドクターバーンズはもう亡くなっていた・・・

わかばと仲良くなる三郎。河原の廃車に乗り込み、宇宙探索に出かける三郎とわかばちゃん。

三郎を救うため、ギャバンがガマダブラーと戦闘開始!

無事レイク星に帰って行った三郎。それは、わかばちゃんの初恋が終わったことでもあった・・・・
+3点
いきなりの物悲しいギターでのスタート。いつもとちょっと違うって雰囲気が出てる

+5点
ガマダブラーの人間態「大男」と烈が戦ったとき、鉄骨で吹き飛ばされるシーンがよくできていた!

+2点
安定の小次郎さん。河原をバイクで落ちていくなんて・・・・ リア充は遠そうです

+5点
今回の潜入は、マクー施設ではなく雨宮邸。でも、しっかりトラップは回避し、家爆破までありました~

+5点
アンドロイドのカスミのアクションがキレッキレ!蹴り二発が決まってる!

+8点
蒸着プロセス、高いところで名乗り、マクー空間、サイバリアン、


×5点
処刑ソングは、レーザーブレードのテーマではなく、OPのメロディ!!

ガマダブラーって何モチーフかな?名前だけで言ったら蛙かと思ったけど、鎖鎌使うし、目がペガッサ星人見たいに横に飛び出てるから、カマキリかなんかかな?

総評140点

わかばちゃんと三郎が絡むシーンではほとんど「禁じられた遊び」で有名な「愛のロマンス」が流れる物悲しい印象の話。
二十数分で、アクションと、恋愛ものが詰め込まれていたため、恋愛パートがちょっと物足りなく感じたが、子供が見るにはちょうどいいぐらいの感じかな。
やっぱり外せない「お約束」が満載のギャバンは、なかなかドラマパートに幅を出すのが難しいようだ。

前回がアクションに次ぐアクション回だったので、箸休めにはちょうどいい回でした~

「この車は、特別急行銀河行きです」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/332-ccef2345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。