スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牙狼-GARO- -魔戒ノ花- 第13話  凶獣


監督 中川茂之
脚本 田口恵

後半戦スタートの第13話!

OPがJAM Projectの歌う「雷牙~Tusk of thunder~」

EDも同じくJAM Projectの「my memory,your memory」に変わります!

今回の魔戒指南インタビューはクロウ役の水石さん

寡黙でクールな感じだけど何か秘めている感じが画面越しにひしひしと伝わってきてますよ!


OPの映像も変化してます!暗闇で、演武する牙狼、雷牙、吼狼、クロウがスピーディに描かれています



今宵は、影の魔界騎士が魔戒剣を浄化する儀式「月光の儀」。肝となる井戸の中では、「何か」が蠢く

それに、参加するためにクロウは赴く、途中で、雷牙達にも出会い、付いてくるという。



憧れの師匠について語るクロウ。儀式であえるはずだが、まだ来ていないようだ。


新米の影の魔戒騎士の迂闊な行動により、解き放たれてしまう井戸の中の凶獣「バルグ」

月光の儀はバルグに剣を突き刺し剣の浄化を行う。バルグは体に、邪気を封じ込める力があるという。



人界に出ると、人を喰らうかもしれない、しかし、むやみに斬り殺せば、邪気が解き放たれてしまうかもしれない!

森の茂みの中で抗戦するが、素早い攻撃で逃げられてしまう。

そして、マユリとけがを負った魔戒騎士のシズルのもとへバルグは向かう・・・・・



シズルを殺し、マユリを攫うバルグ。

仲間をやられ怒り心頭のゲントをなんとかなだめるが、頑として自分で斬ると言い張る

ゲントも、マユリを魔導具として見る奴でした。 やっぱり、そういう人が多いのね~




そのころ、人間たちに道具として扱われてきたバルグと心を通わせるマユリ。

バルグを庇うというなら、魔導具(マユリ)も斬る!といいだすゲントのせいで、

翼をはやし、マユリを連れ出すバルグ!




クロウが鎧と翼を召喚しマユリを追っかける!

華麗な空中戦に、助けるときに、手の鎧を外すというサービス

ソウルメタルの鎧は、生身で触るとズタズタになり、燃えてしまうみたいな話がありましたよね~




マユリは、何か力を開放し、バルグを吸収しようとするが

間一髪、雷牙が間に入り、止める

そして、ゲントとクロウによる魔導陣で動きを封じ牙狼が止めを刺す・・・・・

騎士としての役目を果たした、雷牙達だったが、マユリの心は救えたのだろうか?


魔導具として、自暴自棄のような感じの」マユリを

「あなたは獣でも、器でもない。心を持った人間だ」

と声を珍しく荒げていうクロウ。
いいね~クロウの人間臭い部分もでてきましたね!

ゲントも、マユリを魔導具扱いしたことの非礼を詫び一件落着




マユリが何をする魔導具なのか判明してないってところがミソですよね最後のやりとりは・・・

封印したエイリスを守り続けるために、石板化とか、魔獣化とかありそうですよね~


魔戒指南居酒屋は、雨宮監督と桂正和さんと螢雪次朗さんと中山麻聖さん

阿佐ヶ谷美術専門学校の雨宮監督と同世代の錚々たるメンツに驚きます

嫁さんに強く出ることができず、ファミ劇が見れない桂先生はかわいい~




「だからこそ、僕はあなたを助けた」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/265-acf984d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。