スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月10日ウルトラマンの日スペシャル


本日7月10日はウルトラマンの日ということで、自分のウルトラマンへの想いみたいなのを書き綴っていこうと思います


気持ちだけが先走っている状態なので、構成とか可笑しいので、笑って許してください

mann+Mosaic_convert_20140710190211.jpg

まず、何故7月10日が「ウルトラマンの日」なのかと言いますと

1966年7月10日がウルトラマンの第1話が放送される一週間前で「ウルトラマン前夜祭ウルトラマン誕生」という番組が

放送された日なのです。だから、テレビに初めてウルトラマンが現れた日ってことですね




今は、テレビシリーズが定番化しているわけではないので、それほど爆発的な人気があるとは言い難いですが、

誰もが、一度は耳や目にして、ソフビ人形の一個や二個を持っていたのではないのでしょうか?


自分は、記憶にないころから、ウルトラマンや仮面ライダーなどのヒーローが大好きで、

ソフビ人形を集めたり、レンタルビデオや絵本、怪獣図鑑などを読んできました


仮面ライダーも好きでしたが、実際に作品を見る機会はほとんどなく、

1990年代に年少期を過ごしたということで、ライダーよりもウルトラマンに触れ合う機会が多く

「ウルトラマンティガ」から始まる平成三部作にはドハマりしました。

というより、見るのが当たり前でした。



怪獣図鑑で、いろいろな怪獣を覚え、途切れ途切れにしか置いていないレンタルビデオで

タロウやレオや80、グリッドマンを見ていました


ウルトラQの「クモ男爵」で大泣きしたような記憶がありますw



ヒーローを見ることが当たり前だったので、特撮からほぼ卒業をすることなく、今に至るわけでございます



しかし、怪獣とか割と知ってる!って思っても、実はA~80、ジョーニアスとか、見たことが無い話がほとんどなので

まだまだ、ハマっていきそうです




ウルトラマンの魅力と言えば

そのほかの、特撮作品と大きく違うのは敵役である「怪獣」の商品価値と

人格が認められているようないないような、人間くさかったり、悪ふざけのようなウルトラマン自身のキャラづけだと思います



バルタン星人や、ゼットンと言った、「あれでしょ?『フォフォフォf』とかいう奴?」というように

知名度が抜群の敵役で、メイン商品のソフビ人形の半分が怪獣の人形!

ウルトラマンの話自体が、「出現した怪獣を中心に、話が展開し、怪獣を処理するためにウルトラマンが現れる」という

ウルトラマン自身は話を完結させるために現れる「デウス・エクス・マキナ」だと数々の方が言われています


そうです。話の中心は怪獣なのです。怪獣が起こす様々な事件をあの手この手で対処しようとするのがウルトラマンのお話なのです。


そのほかのヒーローは、ヒーローをいかに活躍させるために、敵を出すのかという点に置かれている作品が多いと思います。


比較して、どちらがいいか?というう点ではなく、作劇上怪獣が魅力的で、それが商品価値になっているということです。


ウルトラゾーンという「もし怪獣が生活に溶け込んだら」のような視点の作品が成り立つのです

TVで出てきた設定だけではなく、当時の雑誌や近年の再登場時に再解釈されたり、付け足された設定からなど、

時代とともに、キャラに深みが増しているです。


ウルトラマンのキャラについてですが、

変身する前のキャラが反映されていたり、変身後のコミカルな動き、近年の四月馬鹿やイベントでのキャラ付けなど

多様なところが面白いところですが、

一番押すべきところは、衣服が異様に似合うところです!

劇中のマント姿はもちろん、スーツやブルゾンに白衣を着こなすウルトラ出光人、

お正月には紋付き袴を着て、イベントを行います!

最近は、ウルトラの母まで、水着を着たり、コートを着たりしていました


何故、ここまで似合うのか?いつも疑問に思いますが、デザイン的にシンプルだからなのでしょうとか理屈をつけるより、

かなり昔から、そのようなCMや企画をやっているから見慣れているのでしょうと自分は思っています。





ここで、お勧めのウルトラマンのエピソードをいくつかあげようと思います

ウルトラマン 第36話 「射つな! アラシ」
アラシ隊員が命令違反を犯しますが、その償いで懸命に戦います
最後の、「科特隊の誓い」第4条の復唱はジーンときます


帰ってきたウルトラマン 第18話 「ウルトラセブン参上!」
ジャックがウルトラブレスレッドを受け取り、地球に文字通り帰還し
加藤隊長を救い、「ウルトラマンが帰ってきた」の発言には泣きそうになりました。


ウルトラマンティガ 第5話 「怪獣が出てきた日」
死んだと思われていた怪獣シーリザーが目覚め暴れだした!
ムナカタ副隊長の指揮力が発揮される、大人な回です


ウルトラマンガイア 第27話 「新たなる戦い~ヴァージョンアップ・ファイト!~」
パワーアップしたガイアが圧倒的な力で、ミーモスを叩きのめします!
石室コマンダーのセリフがアツい!

ULTRASEVEN X 第3話 HOPELESS
人間はどこまで愚かなのだろう?最後のオチにはゾッとします。


5つ上げてみましたが、どうでしょうか?まだ見たことが無い話もたくさんありますので、

皆さまのお勧めとかありましたら、教えてください~





少し、子供向けでしょ?みたいに考えて、見るのを躊躇っている方もいると思いますが、

ウルトラマンは、一話一話がバラエティに富んだオムニバス形式になっているものも多いし、

ネクサスや、ウルトラQ dark fantasy、ガイアなど、ちょっと背伸びした作品もありますので、

見ることをお勧めします!





ウルトラマンギンガが好調だったようで、ウルトラマンギンガSには頑張ってもらって、

「土曜の夕方は、ウルトラマンだよね」みたいな時代が来ることを心から願っております。



「これから30分、あなたの目はあなたの体を離れて、この不思議な時間の中に入っていくのです。」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/260-2fc5ebe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。