スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牙狼-GARO- -魔戒ノ花- 第12話 言霊


監督 脚本 雨宮慶太


今回の魔戒指南インタビューはミッキー・カーチスさん

牙狼と言えば、CGの印象がありますが、

CGをほぼ使わないという今回、どうなるんでしょうか?

すがすがしい、夏の昼下がり、我妻三輪子さん演じる、少女カリナ白くフワフワした物体を発見し、

家に持ち帰ります。


ミッキー・カーチスさんの写真が飾られております・・・・・(えっ故人なの!?)


カリナは子供の時、ミッキー・カーチスさん演じる祖父のシュウジ「月トンボ」という

不思議な物を見たことがあるもよう。



先日、捕まえて瓶に入れていた白いフワフワは瓶いっぱいになり、爆発して出てきた!

瓶いっぱいに詰まっている様はカビが繁殖したようにしか見えない(゜Д゜)

瓶から抜け出したフワフワはカリナのペットのように懐き、生活を始めました。


しかし、突然の雷鳴に、お化け!

怖がる、カリナの前に、颯爽と雷牙とクロウが駆け付けてくれました!




あのフワフワは、霊獣の雛だった模様。

それを霊獣の元へ返すのが今回の任務

それに、カリナも付いていきたいという。



霊獣って、MAKAISENKIの10話でレオとカオルが会いに行ったあれですね~

お決まりの「感覚が鋭くなる薬」を飲んで、レッツゴー!



MAKAISENKIでは、CGでいろんな物が蠢いている世界だってけど、

今回は、エフェクトや、小物をおいて、不思議空間を演出していました~

水石さんと石橋さんがエキストラ出演していたとのことですが、

画面からは、絶対に判別できませんw



昔見た、月トンボ。カリナには羽が付いていたように見えたが、おじいちゃんには、羽が見えていなかった。

おじいちゃんにはおじいちゃんの、カリナにはカリナの月トンボがある。

幼かったカリナには、おじいちゃんの優しさは伝わっていなかった。

故人に対する、後悔は一生残るものです。それをどのように思い出に変えていくのかが重要なのです




雷牙とカリナの前に現れる霊獣。ラジコンによる空撮のみで今回は姿を見せないです。

霊獣は人の心の在り方で見せるものが違うのです。


月トンボは霊獣のことだった。

霊獣をみてそれを形にして人に渡すとその人は幸せになれる伝説が。

それを知らなかったとしても、おじいちゃんがカリナを愛していたことは疑いようのない事実。

それが、理解できたカリナは、記憶を消されたとしても、おじいちゃんのことをいつまでも大切に思うでしょう。




「帰ろう」をマユリが言ってくれたのも、ほっこりしますな~




今回は、CGなし、戦闘なしという異色回でしたが、

ホラー色の強い回、アクションが凄まじい回と振れ幅の大きい牙狼の中でも、珍しいファンタジック回でした!

本当に、BGMの雰囲気があっていてほっこりできました~





今回から魔戒指南はゲストとセットを一新して魔戒指南居酒屋です


おでんとお酒でほろ酔いでトークです

魔戒指南といったらお酒ですよね!

雨宮監督中山さんと10話で似顔絵描きでゲスト出演されていた漫画家の桂正和さんと

ゴンザ役の螢雪次朗さんがゲストです

桂先生は自分も大好き「TIGER & BUNNY」のキャラクター原案の方ですね



10話の撮影秘話として、桂先生があの絵は、桂先生本人が描かれていたそうです

しかも、出演シーンは台本にないうえに、演技しろって


10話は松坂慶子さんがゲストだったので、自分の回ではないのに毎日撮影に顔を出していたという雨宮監督。

主役回の持ち回りは、ポイント制だった!?というジョークは最高に笑えます

ほぼ皆勤のゴンザで、やっと一回だから、レオ君や翼くん回はまだまだ遠そうです



「カリナさんのおじいちゃんが言ってたこと、きっと正しいと思う。」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/259-23f8d6cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。