スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牙狼-GARO- -魔戒ノ花- 第11話  漫画


監督 下田章仁
脚本 田口恵
    河波佑介



魔戒指南verを視聴

今回は、 石井正則さんが取りつかれちゃいました

いえいえ、見事な演技でしたよ(なぜか上から目線)

カワバタ先生の漫画が読めるのは牙狼だけ!



気に入らない原稿をぐしゃぐしゃにする 石井正則さん演じるカワバタセイジ。


締切を過ぎ、有能なアシスタントと、若手のアシスタントと書きあげた「ドラゴン弁護士」。


有能な方は、連載が決まりカワバタの元から離れようする。

昔売れたカワバタに、「才能が枯れた」と言い放つアシスタントにブチ切れるカワバタに悪魔のささやきが・・・

「才能が欲しいか」

カワバタは、アシスタントを二次元させ、そのまま食べてしまった。

カワバタはホラーに魂を売ったのだ・・・・

石井正則さんの邪悪な笑みがたまらない!


本屋に並ぶ、カワバタの漫画に旧魔戒文字を発見するマユリ。

マユリは、魔導具だから読めたのか、それとも数千年前から存在していたから知っていたのか?



カワバタは、読者アンケートで2位だったことを知り、1位のオザキを食べる



クロウは今回は、何か別のことで動こうとしているため、手を出さないようだ

ラストへの、伏線か




若手アシスタントが、部屋を掃除していると、カワバタの子供の時に描いた作品が出てきた

懐かしそうに語るカワバタ。本当にホラーなのか?まだ人間の心があるのか?と一瞬思ったが、

やっぱり、ホラーはホラーだった。原点であるはずの自分の漫画を踏みにじり、

「この世界は綺麗ごとじゃない」と一蹴 



若手アシスタントを食おうとするが、雷牙が駆け付ける


今回のホラーは「カリカジュアン」。石板のホラーではないよう。

絵に描いた剣やを具現化させたり、漫画の展開の通りに戦いを進めることができるよう

ハマれば強いぞ!おまけに結界も張れる



戦いのさなか、マユリは、仕事場でさっきのカワバタの原点「ニンジャリン」を見つける



普通に考えて、一般ホラーが牙狼の鎧に風穴なんて開けられるわけがないけど、

漫画通りに進行していく展開に、ハラハラします。

しかし、牙狼剣に付着したインクで、最後のコマを塗りつぶし結末を変え、逆転!


切ってもなお、人間の姿でとどまるカワバタに、「ニンジャリン」を持って現れたマユリが

「この漫画、私は嫌いじゃない」と引導を渡す。カワバタの魂もこれで少しは救われただろうか?それは誰にもわからない。





才能に溢れる者をねたむ気持ちは痛いほどわかります。

絵も下手だし、足も速くないし、勉強だって一番にはなれない

みんなそんなものです。頂点に立てるのは一人しかいないんです。その事実は変わらないけど

一人でも頑張りを認めて欲しいものです。その誰か一人のためにまた、頑張れるものです。

だから、自分はできるだけ人や作品には、好意的なスタンスで触れていきたいものです




EDでは、漫画を読んでいましたが、いきなり苦しみだすマユリ。

ポケットから取り出した箱から何かを取り出し、食べて苦しみを抑えていました

一体何が示唆されているのか??





今回の魔戒指南はプライベートトーク!

マユリ役の石橋さんの好みの話。

イケメン好きでなく、才能がある人が好みのようで・・・・・

「ミュージシャンにロクな奴はいない!」by藤田さん

あんたはミュージシャンでしょ((゜Д゜)))

水石さんは、一般的なのは抜きにしてとくぎを刺されるが、いきなり「明るくて・・・」とド天然ですな~

結局、水石さんはホモではないですよね?

中山さんは超理想が高いそうで~

とりあえず、皆さん中がよろしいようで何よりです




「結末は俺が決める!!」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/258-f4282c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。