スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーオーズ 第46話 映司グリードとWバースとアンクの欲望


ガメルに吹っ飛ばされた映司はどうなるのか?!




メズールのコアからメズールを復活させようとするが、真木に邪魔され、

ボディに一発重たいパンチを貰うガメル。


海岸に流れ着く映司。

メダルの力により、体のグリード化が始まり視界がくすみ、腕が変化する。


「震えてる。怖いんだ俺、グリードになるの・・・・」

当たり前ですよね~多分ここまできても、世界が救えるなら・・・とも考えていそうなのが、映司君。

クウガの五代君も、究極の闇となることに少なからず恐怖はあったはずですよね


そうです、誰だって怖いんです。


オーズのベルトが無いことに気付く映司・・・・




そのころ、アンクは久しぶりにクスクシエでアイスキャンデーを食べながら、回想していた。

そして、改めて思う「人間の体が欲しい」

ヒナちゃんに「体をよこせ」と迫る。


大事な兄と仲間のアンク。両方を天秤にかけることなんて出来ない。



ガメルはメズールを復活させるために人間をセルメダル化させる!!

しかし、メズールの意思のコアメダルは砕けている・・・


復活したバースドライバーで変身する後藤と、現れる黒い影!



ベルトを前に立ちはだかるアンク。

グリード化した腕で、アンクと戦う!!


誰も、暴走完全復活しないようにメダルを砕く映司

この世を味わうために、「命」を欲しがるアンク。


満たされない、膨らみ続ける欲望への渇望。

「どんなに遠くても届く手、力!」を欲していた映司。それはアンクにより叶っていたこと感謝を語る。


海岸で、本音でぶつかり合うこのシーンはオーズ屈指の名場面!

あのビジネスライクな関係だった二人が、拳を交えて語り合う!





完全態ガメルに捨て身の攻撃をしようとするの後藤バースの前に、「伊達明リターンズ」と颯爽と帰ってきた伊達さん!!

プロトバースとなり、戦線復帰!!


ダブルバース!!最高だぜ!!


二人でも苦戦のダブルバースは「捨て身の作戦」でガメルに至近距離ダブルブレストキャノン!!

しかし、それでも決定打とはならなかったが、ドクター真木のパンチにより入っていたヒビでガメルは消滅・・・




映司に紫のメダルを投入するドクター真木。コアメダルに支配された「紫の瞳のタトバコンボ」に変身し

遂には、「映司グリード」となってしまう・・・・


アンクもグリード態となって映司グリードと戦う!!!




ロストアンクじゃないアンクのグリード態ってかっこいいんですよね~

アンクの右の髪の毛が金髪だったのが、反映されている左右非対称のデザイン



食欲や愛情に飢えていたガメル。純真無垢にお菓子をむさぼっていたが、

グリードには味覚も無いことが無いことを明かされた回で、お菓子以外のものも食べていたことが示された

シーンはものすごくゾッとして、悲しくなりました。

グリードには天国とか無いかもしれないけど、満たされるといいね



「どっちかは戻ってくるかもな」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/217-9fea7854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。