仮面ライダーオーズ 第40話 支配と誕生会と消えるアンク


タイトルからしてやばそうですね~ さぁ消えるのはどっち!



羽を植え付け警察を操り、夢見町を「支配」していく下田智子。



隙を待っているロストアンク。


カザリとの会話からも、最初の「ボク?ボクハドコ?」みたいな幼さは完全に消え、

知恵の回る「アンク」そのものになってきている。しかし、圧倒的な凶暴性というか冷血さを感じる



常人である信吾の身体を使って戦っているアンク。

信吾が傷つく危険性は少なからずあった。そして、ヒナちゃんはそれを承知の上でアンクに肩入れする。


ヒナちゃんは「アンク」の人格を受け入れてきつつある。



ウナギ、バッタ、孔雀のカンドロイドを合体させて、テレビのように使う映司。

ウナギはバッテリーってことでいいのか?何だこの再現不可能な販促



クスクシエから立ち退き野宿生活に戻る映司とアンク。

「あのころは大変だったな~」「いつでもお前を兄さんから追い出せるぞ」

というが、ヒナちゃんが追い出せって言わないで欲しいと思っている映司君。

ロストアンクの影響、アンクが居なくなることで、不利になる戦い。


アンクがヒナちゃんの首を絞め脅そうとするが、ヒナちゃんはそれを怖がらず

アンクも力を入れることが出来ない。


映司もヒナちゃんもアンクもいつの間にか、一緒に居る時間が積み重なり

認め合っていた。



ただ単に、仲良くなってほほえましい会話をすることだけが、絆ではない。

友だって、恋人だって、家族だって、ライバルだって、絆にはいろんな形があると思います。


オーズのドライなようで、いつの間にかしっかり築かれていった絆。

電王のイマジンたちも積み重なった時間と言うのが、キーワードになりますね~(脚本家さん一緒だね)




シャモヤミーと戦闘を開始するオーズ&バース!

こちらも息ぴったり!剣戟の間を縫うようにバースバスター!

玉切れのピンチに現れる里中ちゃん!

防御幕を張られたら、オーズがコンボチェンジの隙を埋めるようにバースバスターを連射!!


今回はそれぞれのチームワークや絆の形が見えた超ほっこり回!



と思いきや全部ぶっ飛ばす ラストのアンク吸収の衝撃!

「戦いの後って一番油断するよね?隙だらけだよ僕。」

すげぇゾッとする様な一言!

アンクが消えて、コアメダルも紫以外全部奪われた!さぁどうなる?!





「おかえり僕 フフッ」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/196-33b98641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ