仮面ライダーオーズ 第30話 王とパンダと炎の記憶


ロストアンクは映司君たちに逃げられるが、カザリと行動を共にし始める・・・




知世子に、自分の姉のことを語りだすドクター真木・・・

アンクの口から語られるオーズの歴史・・・

後藤さんに会長の口から語られるオーズの真実・・・


アンクが右腕だけ復活も、ロストアンクが復活した理由も


ロストが復活した理由は、鴻上会長のせいじゃねぇか(((゜Д゜)))

やっぱりあんたはただのトラブルメーカーだよ




ドクター真木のお姉さんは一体なんだったのだろうか?

終わりにより物語りは完結するという考え方を教え、また自分もドクター真木により完結させられてしまう・・・

シャチパンダヤミーは、破壊目的ではなく「姉さんへの感情」により動いている模様




800年前王オーズは滅茶苦茶強かった! 
ほぼ完全体のグリード軍団を圧倒し、全メダルスキャン!

あのエフェクトと曇った声がかっこいいんだよな~


でも、後に明かされる王の子孫の存在から

王がとても、残念な奴と思われる・・・・




真木博士は、完全にグリード側に付くと意思表示

ロストアンクも動き出し

次回、あのメダルも復活を果たし、さらに物語りは加速していく!!





「パンダ拳か!!」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/159-a254d29d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ