スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン


前作「大怪獣ガメラ」の続きで、前作のオチからのスタートとなりますので

前作を見ていない方には、ものすごいネタバレでスタートします



火星に打ち上げたガメラはどうなったのか????

隕石にぶつかって、解放されたガメラは地球に戻ってきた!?


前作を冒頭3分で無に還すというひどい展開!




腹が減っていたガメラは、発電所やダムを襲います

ダムの決壊って定番で一番迫力がある特撮シーンに上げられると思う!


自分の会社を立ち上げるため、巨大オパールを密輸する計画に参加する主人公「平田圭介」

その巨大オパールがかくしてある洞窟は「虹の谷」と呼ばれ行ってはならないといわれている・・・


熱帯雨林と底なし沼を越え、たどり着いた「虹の谷」で

隠してあった巨大オパールを手に入れるが、仲間の一人「川尻」は猛毒さそりにやられてしまう。

その上、裏切った「小野寺」が洞窟を爆破して、オパールを持ち逃げしてしまった!


小野寺汚ぇ~ 銃を持ってると怖いだろってことで、銃を平田に預けるけどオパールを受け取って、

洞窟爆破!って



島民が言うには、オパールはただの宝石じゃなかった!

水虫治療のために使っていた赤外線治療器の赤外線を長時間浴びた巨大オパールは

鼓動を打ち、孵化し、中から黒いトカゲのような生物が生まれた・・・

そして、小野寺の乗る船は爆発炎上してしまう。


きっと、赤外線治療器が元で火事が起きたんだね!


船が沈んでまもなく、紫色の水しぶきとともに、「冷凍怪獣 バルゴン」が現れた!!

発光する背中のトゲ、伸びる舌!

そして、舌先から冷凍液を噴射する!!

さらに、背中のトゲから「虹」を発射し焼き払う



「炎」をエネルギーにするガメラに対し、冷凍液が武器という天敵のようなバルゴン。


虹のエネルギーを嗅ぎ付けやってくるガメラ!!

ガメラの炎が、冷凍液に負けた!全身に液を浴び凍っていくガメラ・・・ 

第1ラウンドはバルゴンの勝利



平田と再会し、ボッコボコにされる小野寺~

いや~スカッとしたね 小野寺は川尻を見殺しにし、平田を殺そうとし、平田の兄夫婦から金を奪って逃げた
これだけ悪行を重ねた小野寺はどうなるのか?



バルゴンは、「水」に弱かった!ダイヤの光でおびき寄せて琵琶湖に沈めるんだ!

「ダイヤモンド作戦」だ!!
しかし小野寺はまだ悪さをするのか!! ダイヤモンド作戦のダイヤを奪おうと動き出す!

あれだけ、世間が怪獣でパニックになっているのに、図太いな~



ダイヤに赤外線を当てた光でバルゴンを誘導する!


琵琶湖まであと少しというところで現れる小野寺!!

ダイヤを奪うが、バルゴンに食べられてしまう!!

怪獣より欲深い人間のほうがたちが悪いという、教訓


バルゴンの虹を鏡で反射させて、倒そう!!ナイス考え平田

「バックミラー作戦」


虹攻撃を反射させ、バルゴンは大ダメージを負うが倒すまでにはいたらない・・・・

そのころ、氷付けのガメラが息を吹き返した!炎を噴き飛び立つと、氷付けだった大阪の町も溶け出した!!

すげぇなガメラの炎!


復活したガメラは、傷ついたバルゴンをボコボコに倒し、琵琶湖に沈めて勝利を収める・・・



この映画、ガメラを善玉扱いする割には、ガメラはほとんど出てこないで、

話の中心はバルゴンを倒そうと奔走する平田達と欲深い小野寺の物語でした。

デウスエクスマキナ的な役割だったガメラにちょっと残念だった。


もう少し、火星から帰還するガメラをドラマティックに描いて、救世主ガメラ!

みたいな感じにすれば・・・と考えて、ゴジラFINAL WARS じゃねぇかって!


ガメラも生物感を押すために、ほとんど4足歩行をしていて、絵面が地味な場面もおおかったかな?という印象

飛行シーンは実際に火噴出したガメラが飛び回ってかっこよかった!(ちょっとガメラに燃え移っているのはご愛嬌)


人間ドラマ中心で、悪事に悪事を重ねた欲深い小野寺が、自業自得の結果に陥るという点は、痛快だった~


「伝説が真実となることを心から祈りましょう」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/147-867f8552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2014/03/20

 本日三本目の更新です。一本目「ライヴガメラ /03/20 」はこちら。 二本目「石ガメラ 14/03 」にはこちらから。 前回更新の「 湯浅版視聴記 /03/06 」に続いて、 「大怪獣ガメラ」から「宇宙怪獣ガメラ」まで、昭和の大映ガメラシリーズ8作品の鑑賞記などを、まとめてご紹介...

▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。