スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきたウルトラマン レビュー


全話視聴ということで感想まとめてみます


この作品を象徴とするキーワードを挙げると

「苦難を超える成長」
「夕暮れの決戦」
「帰ってきた」


一つウルトラマンと合体した、人間=郷秀樹が力に浮かれたり、策略により怒り心乱されたり

特訓して、力をつけるなど今まで、「超人」のように扱われてきたウルトラマンが

より、等身大の「人間」のように親近感の湧く存在として描かれました!



二つ二体の怪獣と戦うことが多く、絵面が豪華で、緊張感のある戦闘

そして、夕暮れ時に戦闘!

ジャック=夕暮れという印象の方もいるのでは?



三つウルトラセブンから3年の間が空き、「ウルトラマン」が帰ってきた!

18話のベムスター戦で伊吹隊長の「ウルトラマンが帰ってきた・・・」は名台詞

あのシーンで自分の中でジャックがヒーローとしての像が確立しました!



昭和の特撮だからって、話が今風じゃないから面白くないっていう方もいると思いますが
(初代ライダーは途中で挫折した自分ですが)

人間と宇宙人の交流や迫害を描いた
「11月の傑作群」の一つである33話等

心に残る作品もあると自信をもって勧められる作品です

ぜひ「帰ってきたウルトラマン」をご視聴ください!

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://7533154.blog.fc2.com/tb.php/146-d6ae1003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。