特撮見て友達100人でっきるかな~ >> カテゴリ:仮面ライダー響鬼

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー響鬼 第37話 甦る雷


鬼祓いにあきらちゃんの件といい
若いのにいろいろ責任がついて回ってる威吹鬼さん

終盤でも、死にたくないってカスミちゃんになきついたりしてて、
頼りないとかかっこよくないって聞くけど

鬼だって人間なんだ、ヒーローだって人間なんだって感じられて
大好き

そして朱鬼のばあちゃんもとんでもなく人生経験が豊富なはずなのに

ノツゴが現れるたんびに復讐がんばってるとか

憎しみに囚われっぱなしってのが、人間臭い

でも、朱鬼は自分が憎しみに囚われてるのを自覚してるのが
流石ばぁさん

「音撃斬 雷電斬震!!」
スポンサーサイト

仮面ライダー響鬼 第36話 飢える朱鬼


「小説 仮面ライダー響鬼」を読んでるため、視聴~

変身忍者嵐も出てくるから、嵐モチーフの鬼の鎧が出てくる話をみてます


のっけから京介のウザさMAX!!
マジあきらちゃんは天使


裁鬼さんの敗北・・・・負けても、変身が解けないって辺りがベテラン感を感じる
下手したら、川原で全裸を2,3度はやってたとこだった
さすがベテラン!!
うぁ!やめろ石割君


「鬼であるということは、鬼であってはならない」
ディケイドの響鬼さんはこれが貫けなかったのかなぁと思う


結構簡単に砕ける鬼の鎧そして
「手を出すな斬鬼!死ぬぞ!」 某所では棒読みすぎるといわれるがそんなこともないと思う

「あきら!」

| 特撮見て友達100人でっきるかな~ホーム |

▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。